1969年生まれ
株式会社サンパティック 代表取締役
出身大学:山口大学/岩手大学
専攻:地滑り
中小企業庁BCP(事業継続計画)有識者委員
「育児は育自」青っちの 『わ』主宰
日々報恩感謝の精神と息吹をもって歩んでおります。

当サイトに私が投稿しているブログは『子育て社長日記』である。
ただし、この「子育て」とは『育児は育自』というフィルターを通してのことであります。

 

青っち こと堀家拓夫は「ビジネスの交通整理人®」です!

「マネジメントプロセス(最近では段取り力と言われてるが)」を構築しては、そこに「メディエーター」を組み入れ、「聴く」チカラと「視覚」のチカラで、クライアントさんへ誠実をモットーに接している昨今!

「ビジネスプロデューサー」という新しい領域を、自らが手懸けています。

コンサルタントでは解決改善出来ない領域がまだまだ存在する中、新しいビジネスを創り出す「プロデューサー」でもあり「メディエーター」でもあります。恋愛も進学進路も分野に入ってます。

●ビジネス社会には「国語と算数」とを合わせ持つことで「利益」に直結する法則があります。しかし昨今「国語」領域が見過ごされがちであり、本当の利益を生む「鍵」がここにあるのです。

●サンパティックが実践する「ビジネスプロデューサー」には『粋』…即ち、人の心に通じ、シンプル且つ洗練された新しいメソッドが、「セカンドオピニオン」な存在であり「戦略アドバイザリー」でもあります。

●私達はお客さまの「心根」へ常に「誠実=Sympathique」に接し続けながら、経営戦略相談からライフプランニングサービス及び起業支援に至るまで、「個と組織」を融合し得るべくあらゆる側面からの事業をサポートします。

●だから、まずお話を聴く「相談マン」なのです。

青っちは、いつもこんなことを考えながら仕事をしたり、人生を楽しんだりしています。

●「観て」「聴いて」「感じて」「思ったこと」を、「ありのまま」自分自身の言葉で語り、伝える事。

そんなこと当たり前、と思われるでしょうが、いざこれを実行しようと思ったら難しいんですよ!素直に正直に生きることをいつも心がけています。

●これからの人材は「心や人生の偏差値(生き様)」も高い、「人間力」に溢れていなきゃぁいけないと。

青っちのビジネスに関係してくるんですが、「ココロの時代」が叫ばれてる今、人材も心豊かな人が求められているのでは?であるなら、そのような人を人財として世に送り出す。そんな仕事をしています。

相談への考え方最初の入り口

●ビジネスプロデューサーのポリシー

お客様の「為」にではなく、お客様の「立場(側)」で」<価値訴求>し、ビジネスに関わる全ての人が利益向上となる「Win-Win-Win=『三方ヨシ』」の関係を目指します!

ビジネスは結局、お客様(エンドユーザー)が使ってうれしい、便利な物やサービスを作り出すことですから、お客様も一緒に利益が得られる仕組みを作らなければならないのです。 
これも、当たり前のことですが難しいことです。 
だからこそ、やりがいもあるのです。

今とこれからをどう生きるか! 昨今、頭脳の賢さや知能を数値化した「IQ」ではなく、粘り強さや忍耐強さ・自制心・挑戦し征く気概等、数値化できない『非認知能力』が高い人を、現実社会である企業は求めております。

これは、 知能よりも心が強いか弱いか、であったり。懐が深いか浅いか、や、人間(=人として)大きいか小さいか。その方の人柄が温かいか冷たいか。困難に対して、しなやかか折れやすいか…。そういった「心のチカラ」にグングンと注目しているのです。

それは、 日常の家庭生活を含め、企業においての組織人や経営者としての仕事は、端的にそれだけに留まらずあらゆる世界や現場においても、自分自身の実力を遙かに超えた課題を突き付けられる事態に直面します。

その時に、どう感じどのように思うのか。できないと思うのも、やってみようと思うのもどこまでいっても自分自身です。

すなわち、 心は目で見ることはできません。 ですが、「心」には、私たちの想像を遙かに超えた『チカラ』が秘められております。

「育児は育自」もまた、その心であるチカラを持ち合わせいついつまでも学び得ていく最高の環境でもあります。

青っちはこのブログを通して、読んで下さってる皆様と 
旬で粋な価値ある『わ』を結んでいきたいと思っています。

よろしくお願いします。

By 青っち