おめでとう!背番号「18」、

Today, what we’re really doing is announcing the signing of a national treasure. We understand his importance in Japan. We know what he represents.

連日連夜、「スポーツ専門局@ESPN」から目を離さなかった青っち。こちらの興奮度は、野茂選手以来だ。「マツザカ・さん」と言い続けた大人の紳士に、球児@松坂真摯とがコミットした。ヽ(*^。^*)ノ

記者会見の席で、終始満面な笑みであったが、「夢」という単語が出た瞬間、『』なる形相で持論(「夢」ではなく「目標」)を展開。うん!イイね!!。

気付きの源と言えば、幼少時代、父親からサッカー界のカズさんこと三浦選手が、海外で頑張ってることを聞かされ、以後意識しはじめ、今回までのプロセス・ロードを『目標』にしてきたことはあまりにも有名な話しだ。

 

午後から、青山で事務所を構える安藤社長と会談。懐かしい秘書さんの出迎えと同時に、冬バージョンと言いながら「?」髪を伸ばされてる社長が執務室より顔を出しては「喫茶メニュー」を提示。

注文を促すから同行の優衣ママは目をパチクリ。(笑・笑)

概要は、軌道にのっている事業に対し、これから本格的に「BLOG」を『ツール』とし有効活用させ、きっちりと足元を固めていく。

後発組の「メリット」を最大限に発揮させることが急務であり、究極のマーケティング展開も併行していくことで「コミュニケーション・ブランディング」を構築する。(ここからは割愛、)

 

大阪の母が「ノロウイルス感染」(軽微且つ完治済み)であったと一報が入る。連絡をとると、早めの判断で医院に直行し、対処注射と身体にマッチした処方箋が功を奏し、大事には至らなかったと。

日々、父や地域のサークルメンバーと、公営コートでテニスに夢中な母(ッア、違う父が夢中!(笑))。その際、通常使用する公営トイレの「ドアノブ」から検出されたことも聞かされた。( – “”-)

また、多方面からも、体調の異変に気付いた方々が、某S紙のウイルス感染特集を読まれて、病院に行かれたことも続々報告を受ける。「小事は大事」か。ふーむ。やるじゃん、S紙。

 

時に、

まもなく有明コロシアムで開催(20日)の、WBA世界ライトフライ級タイトル戦。亀田選手に対し、「1億円の生命保険」なるものを掛けたニュースには、この試合の存在以上に、目も耳も疑った。(って書いちゃった!)

15日付のスポーツ報知より。協栄ジムを担当する保険代理店「カカクコム・インシュアランス」の高安賢一部長によれば、ボクサーは危険な職業のため、高額生命保険を断られるケースが多いという。「命の危険のあるF1レーサーでも相場の限度額は3000万円。これが1億円の高額保障ともなれば、保険料だけでも年間数十万円はかかり、資金力のない他のジムにとって同額の保障は難しいかも」(同部長)。

ふぅーーん。

っで、五百歩譲って、「その1億円もの『生命保険』とやら」は、どういう構成なんだろう?株式会社カカクコム・インシュアランスさん!!

過去、女性タレントさんで、ご自身の「胸」に対し「1億円」を掛けた方もおられたはず。 OIL…

こういう報道がある度に思う。「きちんと「生命保険」という言葉を使う『意味』を説明して欲しい」と。(本当はこの話題、触れずにスルーするつもりだったが、これぐらいは書いてもねぇー、イイっしょ!)

っま!話を変え、

金融庁発表済みでもある、「保険会社向けの総合的な監督指針」及び「少額短期保険業者向けの監督指針」の一部改正(案)の公表について」は基本中の基本。

今後この業界は、全業務の根幹に「共感」がそなわり、より一層の『ニード@「把握・伝達力」』が求められるだろう。

Pocket

おめでとう!背番号「18」、” に対して1件のコメントがあります。

  1. 年末年始の過ごし方

    もうすぐ2006年が終わり2007年が始まります。当たり前のことですが毎年これの繰り返しです。私にとっての2006年は、反省することもあれば成長を感じられる1年でもありました。来年はどんな年になるのでしょう?きっと、あなたの周りでは来年の今頃も同じようなニュースが流れているはずです。(景気は上向きだとか、内閣に支持率が下がったなど)周りを気にしていると1年はあっと言う間に過ぎてしまいます。自分にとって意味のある1年にしたいものです。さて、私は年末年始の休みを利用して1冊の本を……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です