海舟と音読(いしっころ)

「音読するから、聞いててね」。剣道の練習を終え、帰宅したばかりの海舟は、カード(音読記録評価表)を机に置き、準備万端な体制で青っちを待っていた。(宿題の中でも音読は、かなりガチで読み合う青っちと海舟です。)

谷川 俊太郎
いしっころ  いしっころ
じめんのうえの  いしっころ
いつからそこに  いるんだい
いしっころ  いしっころ
ひとにふまれた  いしっころ
ちょっとおこって  いるみたい
いしっころ  いしっころ
あめにうたれて  いしっころ
いつもとちがう  あおいいろ
いしっころ  いしっころ
おなかのしたは  あったかい
むしのあかちゃん  うまれてる
いしっころ  いしっころ
そらをみあげる  いしっころ
なまえをつけて  あげようか

それでも、今夜は1回勝負に挑んでは、情調溢れる読み方が出来た海舟。

お疲れ様。(*^。^*)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です