復活事業へ着手

「石を黄金にかえ、糞を米にかえるようなもの」

この精神に立った時、復活事業への着手となるであろうと取り組んできました。

この青っちの『わ』であるブログ更新も控え、ありとあらゆるものの取捨を行い、最大限のエネルギーを注いでも、現役時代には叶わないことは、青っち自身が一番分かっている。

仮に、復活ができても、思うようなプロセスも踏めない中、挑む征くには、いささか冒険し過ぎる感もある。

地ならしの年になっても良い、とにかく、後悔のない取り組みとリサーチを徹して行うことで、2011年を見据えることもできるというもの。

恋愛の復活劇は望まない。

馬車馬の如く、歩み・駆けることだけ!

そのためにも、全てを封印にしよう。

青年(あおと)なんだから。(^O^)v

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です