コミュニケーションを疎かにすると危険だ

西葛西の朝は、雨。降雪にならぬよう前前の用心だけは抜かりなく取り組む。

大切に大事にしていきたい、コミュニケーションとそのバランス感覚。

どんなに仕事ができたり、能力があっても、「対話」を好まない、あるいは「対話」の重要性を必要とされないことがどれだけ自身の価値を下げ、周りの環境をも下げてしまうかをきちんと認識していくことだ。

考えます。

この雰囲気のままなら、中小企業が求めている人材のミスマッチが終わらないことを。企業側は、相当努力をされてます(タチのイイ企業です!)。あーだ、こーだ!と、吠えて叫ぶような時代じゃないんです。企業は本当に尤も重要課題として取り組んでいます。

世間で、立場的には就活側にフォーカスされた視点が多い中、青っちは、敢えて企業の努力にこそ、いまは、フォーカスをするべきであり、それが就活側にもきちんと正しい情報に企業のメッセージが届くものだと思っている。

そう言えば、昨日(11日)、海陽学園では、ジャーナルで報告もあげていただいた通り、雪舞う中の「マラソン大会」日。三河湾マラソンに参加をしていた年とは違い自学開催。どんどん、良いところを取り入れ、カスタマイズされていく運営姿勢、全幅の信頼を寄せている一人であり一家族でもある。

さて、金吾の走りは如何ばかりか…。( ´_ゝ`)ウーン

参加された生徒さん、全職員さま、本日も本当に有り難うございました。

お疲れ様でした。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です