決断のボタンが重たい分、使命と自覚にお客さまの笑顔とが支え合うと思います。

東京駅の朝は曇り。

この天気だと洗濯ものは厳しい日だ。昨夜からの面談が、先ほどまで行われていた。青っちの領域は、終えていたものの、ある提案営業を社で受け、最終判断を得るためだと、役員が持ち込んで来た事案を、傍で見ることとなり予定が大幅に伸びた。昨日の記事で取り上げたことが起因していることとは全く違うが、重なる時は重なるもんだと感慨一入。

役員が社長に説明する中で、あることで驚くにさほど時間はかからなかった。

なになに。

提案営業を最終的に役員へ行った方は、念のため、社長の行動を尋ねられ、この役員は、ちょろっと口が滑らかになったのか、社長が昨日から上京し、青っちと会っている事を話されたとか。

っま、ここまでは、良くある話しだ。

営業を統括されている方が、念には念を入れたのだろう、自社の社長にその旨を報告すると、「直ちに、東京に行くよう!」厳命されたので、ただ事ではないと感じた統括部長は、はるばる東京まで来られたようだ。

なるほど、役員は、またここでも、社長の居場所を確認することもなく、お喋りになったようで、まったく困ったもんだ。

昨日からのご相談は、本当に複雑化されている社の方向性をご一緒に整理整頓していくことがメインであり、それ以上もそれ以下もない。っま、あるとすれば社長個人のものであり。当たり前だが、こういう場で書くようなことではない。(キッパリ)

ことの成り行きを社長と一緒に伺っていたら、「ひょっとして、この方面も明るいんですか?」と社長から言われるので、「決して暗くはないですね!」と茶目っ気たっぷりにかえしながら、社長と共に微笑んでいた。

でも、役員とその熱血漢たる統括部長の心意気に感じ、ひとつだけ、質問をさせていただいた。「もし、この企業の福利厚生を進めるにあたり、誰が担当されますか?」と、それだけの質問をした。

「提案をした営業のものです。」と、統括さんは、きっと即断だと思ったのかもしれない。

○○さんですよね、社長さんのお名前は。こんなにも大きな企業の福利厚生をなぜ、現役プレイヤーでもある社長がなさらないのか不思議ですね。と、付け加えさせていただいた。

「○○社長なら、きっとこういう提案を役員向けにされないはずですが?!」
見て見ぬふりが出来ない青っちは、なぜかフォローしちゃっているんですね。

これ以上は触れませんが、社長も含めた役員構成が11人。そりゃぁーこの2月で決めたい気持ちは分かりますよ。だけど、何でもありで計上していけば、必ずどこかで歪みが生じるってもんです。

弊社を気にされる事は誠に光栄ですが、今回は、見ては聞かなかったことにします。その方がイイですから。(#^.^#)

ただ、統括さんにレクチャーはしたので、きちんと「個人」=ご家庭にも訪問をし、従業員さまの「どう生きるか!」を徹して行って下さい。出来ない時はこっそりと仰って下さい。「話しは聴きますから!」ね。

結局、夕方近くまで東京駅。

そこから、昨年に業態を変えた外食店舗にエンジェルさん等と立ち会う。今回は、立ち会う場所と業態を事前に伺っていなかったので、久しぶりのガチンコ。っと、車中の窓を開けて見渡すと、木場を越え葛西方面に向かっている。まさか、地元じゃないよな?との思いとは裏腹に、「まさか、ここ!」と思わず言い出しそうな言葉を飲み込むのが精一杯だった。

エンジェルさん等が青っちを選ぶ訳もアリアリだ!

ここは、The End状態なことは、青っちだけでなくとも、地域でも特に有名だ。

年末に、金吾とkenta坊ちゃんに九段の首席が3人でセレクトしたお店でもあり何かと問題の多いお店で、立ち会いの目的をズバリ伺うと、「風評問題の沈静化」だと返ってきた。申し訳ないが、風評も立つでしょうしに、その前に、やる事はワンサカとあります。それも、専門店としての食材選びに味付けなどの調理法にマナーもあるが、そこまで求められていないようで、これが全く以てナンセンス。

ラストオーダー後に、打合せをすることになっており、それまでの間、車の中で事前懇談だ。その前に、PCをお借りし、ブログの更新をしとこうとサクッとしたためている。社に戻れる距離でもあるが、そう言う空気じゃぁないようで、相当今回は、てこ入れを行うと!エンジェルさん等の決意も強い。

しかし、最近の車は、なんでも快適に揃ってますよ。

そう言えば、弁護士の落合洋司さんが、自身のブログで「防弾装甲仕様のアウディ A8をご紹介されていた。

ただ、こういう車両に乗り攻撃を警戒しながら移動するという生活は、幸せな生活とは思いにくいですね。

と、書かれていたが、まったくその通りで、そのような車で移動するということは、心地良くもないだろうし何より不自由だろうと青っちも思う。

落合さんのデジタル力には、本当に学びが多く、これだと専門誌や専門店で「あーだの、こーだのとする批評」を見るまでもなく、何よりそのような時間を割かれる事もなく、常にリアルな時間帯で最新のデジタルとお付き合いされる光景は、ただただ感謝です。(やっぱり、自腹で購入し、色々と触っては良い点悪い点を明瞭にされるところが◎なんです、青っちは!)

その昔、ホンダ車のワゴンを事務所代わりに改造され、陸運局にも認めさせた方が保有されていたお車だが、今も健在でお元気だろうか?事務所をもたずに!という意気込みで行われていたが、誰も来ない・乗車されない事務所っていうのも、なんだか寂しいように今も感じます。

海舟とのサウナ行きもお預けとなった週末で、早々に行こうと思う。月替わりとなっているんで、「熱海の湯」から替われば即行きます!(笑)ゆ処も、傍目には混んでるように見えるものの、マナー問題を見過ごしたり、お湯の管理を怠っていたりと、様々な声が聞こえてくるだけに気になる。

サービス業は、お客さまが通ってくださる内に、対処対応を行っていなければ、取返しがつかなくなってからでは、完全にNGなだけに、決断のボタンが重たい分、押す方が腹を決めてやらねばならない仕事だと思う。

チェンジを期待している青っちです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です