「冬の恋歌」 By日本経済、

昨晩「冬ソナ(第9話 揺れる心)」が再放送されていた。青っち的には観てられない!何がって云えばNHKの放送(吹替)。

あれでブームに「火」がつくんだったら「字幕」で良いので生声で鑑賞したら如何かと。チェ・ジウ(ハングル語で최지우)ことユジン役及びヨン様ことカン・ジュンサン(敢えてチュサンとせず)を聴くだけでも大いに違う。

過日行われた、来日ファン向けのイベントでは、会場に入れないファン5千人が、周囲に溢れるフィーバーぶりが話題になった。

「冬のソナタ」原作本の売上げは、2004年3月現在で上・下で86万部。1冊1575円だから、13億5450万円。(-_-#) ピクピク

「冬のソナタ・ドラマガイド」も、27万部で2億8350万円。その他関連本全体の売上げは、120万部以上(トーハン調査)。(゚゚;)エエッ

1冊1000円として、単純計算しても「12億円」(゜;)エエッ

2003年12月28日のAmazon.comベストセラーランキングでは堂々1位、9位、10位と同時に、関連書籍がランクインという偉業達成。

序でに、NHK教育テレビ、韓国語学講座のテキスト(4月号)の発行部数は、増刷分を加えて20万部が売り切れ。今までの売上げ1位が中国語の15万部というからはっきり言って異常。(・_・)(._.)

この韓国語習得ブームに加え、冬ソナロケ地ツアーや、韓国パック旅行も空前の売上げを記録している。

でもって「冬のソナタ」DVDセットやオリジナルサウンドトラックCDも既に6万枚を突破している。

LG電子、アシアナ航空等、韓国の大手企業のCM出演をはじめ、「レイバン」のアジア地区イメージモデルも務めるヨン様。

韓国では「冬ソナ」及びヨン様関連の売上げは500億ウオン(日本円換算約50億円) (/\)チャチャチャチャ \(^o^)/ハッ!!。

ラン(花のね)に、国賓の名前が付けられるシンガポールでは、「ヨンジュンラン」もあるヨン様(他に名前が付いたのは、故ダイアナ妃やマンデラ南ア大統領等)。

このまんま「日本経済」に、貢献してくれれば「国民栄誉賞」や、「オスカー外国語賞」も、ミックジャガーやポールも持ってる「サー」の称号をも手中しちゃうかもしれないとは、まんざらでもない市場。

来週の放送時間は、野球中継で「変動」するとテロップにあったようだが、録画組の方々大変だ!

田中の美里さんと萩原くんには何の因果もないが、吹き替え後、各自で放送されてるものを比較したら結構しんどいだろうなぁー。

特にヨン様声、ありゃぁー「無理があるというか全然ちゃう」の一言で片付けられるが、例の笑みで良しとされてるんだろうか?

チェ・ジウ」のみを書くつもりでいたが、声については、ヨン様があまりに可哀想とだけ記しておきたい。

毎週火曜日のハングル講座は、今からでも遅くないらしいので、ご参加されてみては?

Pocket

「冬の恋歌」 By日本経済、” に対して1件のコメントがあります。

  1. ●6/6冬のソナタ第9話「揺れる心」。いよいよ真相が・・

    冬のソナタで始める韓国語
    第九話前半のクライマックスが近づいてきました。
    前回第八回ラストで登場したミニョンさんのお母さん。
    今回はその存在を、大きく…

この投稿はコメントできません。