浅きを去って深きにつくのが丈夫の心である

西葛西の朝は微妙な曇り。最近、海舟は目覚めがあまり芳しくない。無理もないだろう。学校では、当時、多くのクラスメイト等が、男女に関係なく、驚きの悲鳴よりも、恐がり泣き叫ぶ方が圧倒的に多かったようだ。泣き叫ぶことはなかった海舟は、その友等の姿が逆に思い出すようだ。


浅きを去って深きにつくのが丈夫の心であると、まさに御聖訓通りだ!


今日は、このコトバと思いにさせていただいた日ともなる。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です