バンド仲間のママさんより

西葛西の朝は晴れ。今日は、話題をガラリとかえてみる。金吾が中学へ入学してからの3年間、多くの学友に諸先輩、フロアマスターをはじめ、様々な出値いを体験して来ている。

その中でも、バンド仲間のママさんから、丁重なメッセージをいただく機会に恵まれました。ママさんより掲載許可をいただいたこともあり、ご紹介をさせていただきます。

先日は、わざわざお電話頂き、誠にありがとうございました。

さて、この度の東日本大震災、東京も大変な被害だったようですね。
お怪我などなさっていないでしょうか。

停電や交通機関の混乱もさることながら、
精神的なダメージも相当のものとお察し致します。

お店からは、食料品や生活必需品などが次々と姿を
消しているそうですね。

連日の煽るような報道に触発されてか、
四日市のスーパーでも、お米やカップ麺などは品薄となっております。

しかしながら、そちらと比較したらまだまだ余裕があるはず。
何かご要り用のものがおありでしたら、何なりとお申し付け下さい。

ところで、金吾生徒会長による募金呼びかけ、さすがです!
胸が熱くなりました。微力ながら協力させて頂きます。

本日、四日市はぐんと冷え込み、夕方から雪が舞いました。
この寒さはしばらく続くようです。

自然の驚異を前に人間は為す術がありませんね。
日本がこれ以上、被災しないように祈るばかりです。

どうぞ、ご自愛くださいませ。

バンド仲間のママより

嬉しいです!

早速、お礼のメールをしたためお届けしました。

すると、ママさんより、過分なまでの「声と評価」を記されたメールをいただきました。

ご返信いただき、ありがとうございました。

ブログ、早速拝読いたしました。
拙いだなんて、とんでもない!

お仕事からご子息への教育方針に至るまで
一貫したポリシーが伺える素晴らしいものです。

なるほど、金吾君という正義感強く、個性的な少年は
こういうバックボーンあってのことか、と納得、感心致しました。

まだ全文を読めてはいませんが、
映画や絵本など、私の好きなジャンルについての記述も多く、
大変、興味深いです。

中でも、一番共感したのは、紹介文に書いておられる

>「観て」「聴いて」「感じて」「思ったこと」を、
>「ありのまま」自分自身の言葉で語り、伝える事。

まさに、海陽で息子に一番、学んでほしいことです。

子どもたちには、

「もう一度、この人に会いたい」と思ってもらえるような
人間になってほしいと思っていますが、
そのためには、自分自身の言葉で語れる人でないと。

「何か協力したい」と思っていることを分かって頂ける
なら幸いです。

今日は、小学校の卒業式です。
式では、震災で亡くなられた方へ黙祷を捧げるようです。

その一方で、風評に踊らされ、買い占めに走るのですから
何とも人間は矛盾した弱い生き物ですね。

だからこそ、助け合っていかなければならないのだと思います。

バンド仲間のママより

本当に過分なメッセージをいただき、ここに記して心から感謝申し上げます。正直に物事を捉えられる方は、どこまでも笑顔美人であり、ココロ美人でもあります。

あらためて、バンド仲間のママさんに対し、お礼のお気持ちを、お届けしようと思っていたら、昔 学生部時代に激励されたメッセージが脳裏をよぎる。覚えているものですよ、ただ少しうる覚えではあるものの、いま、確認まではできないことをご容赦願います。

人格と人格、魂と魂で結ばれた絆というものは、どんな嵐にも、揺らぐことはない。いかなる試練の峰、苦難の坂にあっても、互いに固く結び合い、支え合いながら、時と共に強固なものとなっていく。

まさに、真実の友情こそ、人生の最高の宝である。反対に、順境の時は、麗しい絆で結ばれているように思えても、いざ、逆境となると態度が豹変し、冷淡となってしまう関係もある。

まことにさびしいかぎりである。特に、確固たる自分というものをもたなければ日本人は、世界のなかで、深い信頼と友誼の心を分かち合うことができないのではないか…。

今春からも引き続きよろしくお願いします。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です