わたぬき

西葛西の朝は晴れ。今日はとても勇気以上なエネルギーを紙面からいただく。

「四月一日」と書いて、「わたぬき」とも読ませる。着物の綿を抜き、衣替えをしたことに由来するという。きょうから新年度がスタート。衣服だけでなく、心も新たにして、前進を期したい

古来、日本人は「春」に、草木の芽が「張る」、田畑を「墾る」、天が「晴る」などの意味を重ね合わせてきた。

【冬】という暗く厳しい試練の時が終わり、明るく、豊かに、伸びやかに生を謳歌する【春】を迎える。そんなイメージがわき上がる。

人生は、苦難との闘い。

それが実相だ。

しかし、苦悩が深いのは、使命が深いからこそと心得たい。闇が暗いほど、暁を迎えた時の喜びも、また大きい(…以下中略)

支援活動において、究極の事業開始へ始動。どこまでも、旧態通りに進むことはない。良いモノは活かすが、新しい取り組みだけに、リスクは、すべて青っちが背負う。だから、起ち上げの関係する方々には、「不義理はせぬよう!」この一点だけは、約束をいただく。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です