今もこれからも「育児は育自」だ!

人との出値いやご縁と、その「わ」を育んで征く中に、人としての心根をいかに堅固で且つ柔軟にし続けておくことの大事さ大切さがあります。

それ等はまさに「育児は育自」なんだとあらためて思い感じます。

どんな状況状態になろうとも、信頼し続けることが出来るか否かだ

綺麗事など何もない中で、愚直に不器用でも向き合っていくことだ

育児は育自を提唱し早28年。

随分と有り難いことに共感もいただいております。

でも、まだまだです!

この原作も含め映画化された秀逸な作品もまた見応えタップリっす。

賛否両論はあるものの、そこもやはり受け手の心根次第だと率直に思う。

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です