ザリガニの行方

最近、長男等はこぞって、ザリガニやカニさん達を見つけ ることへ必死になっている。 昨日などは「親子の交流会」なるものが催され、金魚君 等も今朝までは、我が家のバケツに居を移していた。 そう、大きな子供ちゃんが「バケツ中のザリガニを数える までは」! 大きな子供ちゃん同様、長男は、朝が大の苦手だ!!休日は 除けてだが。 視聴率30%を突破した、週末の「ハリポタ」を遅くまで観てた のは分かるが、気分は上々とは正にこの瞬間、机上にある 「ハリポタ本」を片手に、次男にネタ攻めだ。 そう、最近の大塚商会さんのCMが起因してるが、彼にとれ ばどってことないようだ。 冷蔵庫に入れられた「スルメ」、青は自分が口にするとばか り楽しんで夜の時間を待っていた。 そのスルメを摘んで、バケツ中のザリガニ君等に朝食として 差し上げていた。やりながらも眠っていたのか、次男はその スルメを横取りしては、自分のお腹にせっせと詰め込んでい ても感覚がなかった。 朝の定刻には、最近急に「マッチョ」化してきてる「ロン君」の 迎えのベルが鳴る数分前の事。 大きな子供ちゃんがおもむろに呟く。 「…飛び降りたみたい」 「…」 長男はその呟きの意味を理解するには、あまり時間もいらな かった。 「観てみて、中ぐらいのザリガニ君が居ない」 「うっそっー!」 「じゃなくて、ほら、下を見てご覧ヨ!」 長男と次男は、云われるまま、怖々しながらベランダの手摺 を握りしめ、遙か階下に眼をやっていた。 「どうやって、このバケツから出たん!」 「でもでも、出たとしてこの高さをあの手で超えて行けないよ」 高さとは、30㎝はくだらないコンクリートの壁だ。 恐らく、何らかの瞬間にバケツから出られて、テラスを散歩中 突風に舞ったと思うが、子供等にしてみれば、Mrマリックモン 級なモノを朝から見せつけられ、元気がない。 当たり前だが、風で舞ったとしても、真下に落ちてるんだから 凄い。 不慮の事故となったザリガニ君は、長男曰く、次男の保育園 へ預けに行く予定だったのに、の一言が朝から「キュン」と来 る。 青は日頃から、生き物(とりわけこの手のモノ)は、見つけに行 ったり、探したり、一時は飼えるかも知れないものでも、返しに というか、元の居に帰すように云っている。 無論、子供等の気持ちも重々わかるのだが。 交流という「場」を熱心に提供される方々には頭が下がる。 しかし、自宅で「飼う」という発想から、その探し出して見つけた 「ところ」にきちんと住み続ける、若しくは、ここに来れば、何時 でも観られる、そんな環境の「場」を与えてあげることから昨今 叫ばれてる「いのち」や「家族」というモノに対しての取組も有り じゃないかと思う、青だ。 新しい管理人さんが、この蒸し暑さを少しでも緩和できたらと、 スズムシを受付前に設置して早2週間。 「良い音色よね」と呟くながら通り去る方もいれば、「うるさい」 との一言をスズムシ君等に浴びせる方々も居る。 マンション規約に記されてる、「専ら居住…」「犬など」云々等 の制約も単なる活字で効力すらない。 正に、「マンション不夜城」と青は名付けてる。 ニュースから流れる事件もまた然り。 人間の生きていく中で「魔性」との瞬間は、別段外にあるモノ ばかりじゃなく、こころの「内」にも潜んでる、今朝はそんな気 持ちをザリガニ君等から戴いた。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です