1冊のアルバム、

気分転換に部屋の掃除をした。暑い日にはこれが一番。本棚に収まってる「アルバム」に自然と手が伸びた。一昔前、そんな表現が似合うに等しい1冊がある。家族で北海道は厚田村に当時としては異例の安さと企画を武器にする阪急交通のパックを絡めて。もちろん、大きな子供ちゃんも既に参加しているというオチはあるのだが。そんな宝物のようなモノが詰まったアルバムを何げに開けていた。

北海道に入って、バスの乗車時間がほとんどだったと記憶している。旅路に飽きた顔色と通過地点が重なったことをも含め、機転を利かせた添乗員がぴしゃりとツボを押さえた。日高山脈をバスが通過する頃、添乗員さんが急にマイクを持って謳いはじめた。当時の写真が存分に展開されてる。

謳う姿から、今度は、切々とある物語を語りはじめる。時間にすれば数分なのだが、語りが終わった後、車中では一斉に無言の姿が綺麗に並んでいた。中には噎せながら涙する方々も居た。「雪の遺書」について語る添乗員さんに、青は下車後、その物語の概要を更に伺ったものだ。

学生だった青は、学内の図書館でかなり探したモンだ。でも廃刊になっていることや、土地柄的に入手しにくい等の理由を司書さんから聞かされる。何故か諦めきれなかった青は「国立国会図書館」の存在を知り、半年がかりでその本を手にする。

昭和40年3月14日未明、日高山脈縦走中の北大山岳部の登山隊6名が雪崩に巻き込まれ、全員が死亡。初期捜索は困難を極め、雪解けを待って再開始され捜索によって、全員の遺体が発見、リーダーであった澤田さんの胸ポケットの中から、地図の裏に書かれた遺書が、ポリエチレン袋に収められたものが見つかる。

奇跡的に、即死を免れた澤田さんが、雪崩の雪の下で記したものだ。絶望の淵で必死に書かれた遺書は強い責任感と家族愛に満ちて、読む人又は青のように聴かされる人の胸を打つんだね。

「遺書」として、澤田さんが綴られたモノがある。

遺 書    澤田 義一

三月十四日(?)の深夜ニ時頃、(後で時計を見て逆算した)突然ナダレが雪洞をおそい、皆寝ているままにして埋めてしまった。

最初、雪洞の斜面がなだれたのかと思ったが、後ですき間を少しずつ広げてみた結果、入り口よりデブリがなだれこんできたものだった。

皆は最初の一しゅんで死んだようだったが、私は、幸いにして口のまわりに間隔があったのを次第に広げて、ついにナタで横穴をニメートル近く掘って脱出しようとしたが、外はデブリで埋まっているためか、一向に明るくならずついに死を覚悟する。

ただ今十四日十三時十分しかし何とか外に出たいものだが、根気負けしてしまった。

一休みしてから考えよう。

お母さん、お父さんごめんなさい。一足先に行かしてもらうだけです。きっと、何かに生まれ変わってくるはずです。その時お母さんお父さんを見守っているはずです。

土田のおばさんすいません。心配が本当になってしまいました。でもゆるしてくださいね。

田中さん、坂井君、松井君、中川君、橋本君ごめんなさい。とりかえしのつかぬ失敗をしてしまって。

皆さんのお母さんごめんなさい。ついにやってきたのです。きっと天から皆さんを見守っているつもりです。せめてできることはその位です。早く、安らかに眠りたいものです。

どうせ死ぬなら、僕ひとりだけです。

十四日十三時二十分。尾崎さん別にいいんです。

内藤さんアマゾンはどうでした。佐藤君、牧野内君、友達として心のふれあう君達だった。佐藤君には五千円借金しています。

海内さんだって、波多江さんだって小泉君だって死んでいるじゃないか。ちっともさみしくないはずだ。

杉山さんご指導ありがとうございました。

ルームの皆さんさようなら。松田君、庵谷君すいませんが、後始末をお願いします。

広瀬先生すいません。上山さんお先に行きます。鈴木、清水、裏、山下、田中、井上、林頑張れ。

何がなくなっても命だけあれば沢山だ。死を目の前にしてそう感ずる。親より早く死ぬのは最大の情けない気持ちだ。松井君は一人子、橋本君は男一人、僕も男一人で、親のなげき悲しむ様子が手にとるようにわかる。

三月十四・十五・十六・十七と寝たり掘ったりする。日付は時計の針でのみ計算する。ナタが手に入った。懐中電灯が二ヶ、スペアの電池が一ヶ、非常食が二人分。

掘っても掘っても明るさが出てこないので、がっくりしている。

生は10%ぐらいだろう。十七日朝八時。

お母さん本当にごめんなさい。
今まで育ててくれたつぐないをなさずに、先に行ってしまうなんて。

今は比較的落ち着いています。仲間が皆そばで眠っているせいでしょう。後一週間くらいならこのまま寝て待っていられるのだが、二十五日ごろ騒ぎだして、捜索隊がここにつくのは早くて二十九日。そしてここが見つかるかどうかも疑問だ。

十三日にここであった山スキー部のパーティが、一緒に来てくれれば分かり易いのだが、あの時あいさつしておけばよかった。向こうのパーティも知らん振りしていってしまった。(注:このとき会った山スキー部パーティの正確な情報捜索協力は捜索活動の決定的役割を果した。)

佳江、珠代へ。
先に死んでしまってごめんよ。
お母さん、お父さんはこれからお年寄りになっていくんだから二人仲よくして、お兄ちゃんの分もよく面倒みてあげて下さい。

昌子姉へ、お母さんお父さんのことよろしく。

お母さん今死んでしまうなんて残念だ。切角背広も作ったのにもうだめだ。

登山計画

リーダー:澤田義一(農4)

アシスタント・リーダー:中川昭三(文3)

メンバー:橋本甲午(農4)、田中康子(教養2)、松井作頼(教養     1)、坂井丈寛(教養1)

日  時:昭和40年3月11日―3月24日最終下山日(行動9日、 停滞5日)
コース :札内川―カムイエクウチカウシ山―カムイ岳―幌尻岳  ―トッタベツ川

彼等は、必ずしも危険な所で雪洞を作って露営していたわけではない。その後の調査によるとこの雪崩は、走行約3km、デブリの長さ1Km、幅30-100m、量約40万トン、日本国内の雪崩としては最大級に属するものと推定されたようだ。

その澤田さんの父君が、「詠んだ歌」がある。

「義一」  澤田 己之助

就職のきまりしときの喜びは  いまもなおわがまなかいにあり
(昭和40年3月)

妻ときて悲しみあらたなり  あたらしき背広の服を子の部屋にみて
(昭和40年3月)

おん身いま日高山なみ深き谷に  焼かるる夜をわれは眠れず
(昭和40年6月)

北のはて日高の谷の山旅に  わらじも足に馴れて下りぬ
(昭和40年8月)

子の死してすでに十年を過ぎにしを  憶いつつ生く老いらくの身は
(昭和50年3月)
             「北の山脈」17号(昭和50年3月15日)より

1冊のアルバムから、当時の旅行を想い出し1枚の写真から感動し探し求めた「書」を更に思い出すこととなった。
流行の本もそれはそれでよいモノだが、時にこの手のような良書との出逢いは、正に「人と人との出会い」なようなものと青は常に感じている。

そして、その出会いは、一過性でなく、永続性のあるものを望みたいモノだ。もち、老若男女問わずだが。

Pocket

1冊のアルバム、” に対して 4 件のコメントがあります

  1. 佐藤節夫 より:

    はじめまして、9月4,5,6日と北海道旅行中、日高あたりでバスガイドさん(近藤バス)より澤田義一さんの遺書の朗読を聞きました。楽しい旅行中にびっくり、警策棒で背中を打たれたような気がしました。早速インターネットで調べましたら、何と運良くこの投稿に出会うことが出来ました。私にとってとても有難い投稿です。
    バスガイドさんに、お礼を書きました。筆写させていただきまして、英会話の仲間と英訳中です。有り難う御座いました。

  2. 青っち より:

    佐藤様へ
    こんばんは、青っちです。(^^)v
    コメントは、心から有難うございます。
    旅行日の日程は如何でしたか?
    青もBLOGで記したように、丁度、日高界隈を通行する
    際ガイドさんが急に真顔でマイクを握りしめ、ゆっく
    りとでしたが、実直に物語を語られモノでした。
    佐藤さんからの「お便り」を手にされるガイドさんの何
    とも云えない「笑みと感謝される心根」が、自身のよう
    に感じてなりません。
    英訳中作品ができたら、TB或いは、コメントをまた頂け
    れば幸いです。
    また、気楽にお越し下さい。

  3. 佐藤節夫 より:

    こんにちは。遅れましたが、皆様のお陰で英訳が出来ました。バスガイドさんにも送ります。no.1~3となります。
    No.1
    The Distress
    Before dawn of the 14th March 1965
    Bivouacking along Mt.Hidaka ridges, 6 climbers of Hokkaidou Univercity Alpine Club
    met an avalanche and all of them died. The rescue for the party was very difficult.
    Searching was continued after thawing. Finally all the members were found.
    A will written on the reverse of map was found from the chest’s pocket of Leader ,
    Mr.Sawada.
    Miraculously Mr.Sawada narrowly escaped instant death and made the will under
    heavy snowpiles. It written in an absolutely desperate state was full of his strong
    sense of responsibility and the love for his family. We are moved to tears.
    “ The Will “ Giichi Sawada
    March 14 about two at midnight(the time is counted backward to see my watch.)
    Suddenly an avalanche hit and covered the snowy cave in the meanwhile our sleeping.
    First of all ,I thought that the slope of snowy cave slid. After that,I spread the gap
    little by little. I found a mass of snow burst into from the entrance.
    Other members seemed to have died in a twinkle. But I fortunately had a space around my mouth. and so I spread the space gradually ,at last I tried to dig the cave about two meters in length and escape out of there. The cave didn’t get light at all because a mass of snow closed the gap . Finally I prepared for death.
    Right now 14th thirteen ten.
    I wanted to go out of here ,but I am able to continue with patience.
    Let me think of the matter after a rest.
    Mother and Father , forgive me. Let me go on ahead you a little. I should be born again to be something. I should keep eyes on Mother and Father.
    Aunt Tsuchida , sorry. Your worry became true . But forgive me,please.
    Miss Tanaka,Mr.Sakai ,Mr. Matsui.,Mr. Nakagawa and Mr. Hashimoto ,I’m sorry.
    I made a grievous mistake.
    Mothers and Fathers of them, forgive me. At last it comes here.
    I will certainly keep eyes on everybody from Heaven.
    What I can do at least is to do that.
    I would like to rest in peace early ,
    If I could only die once,I would like to die alone.
    14 th thirteen twenty Miss Ozaki . Nothing in particular. (I don’t understand the
    mean of Japanese original)
    No.2
    Miss Naitou. How was Amazon?
    Mr.Sato ,Mr.Makinouchi, you were great guys to be with as friends.
    I borrowed 5000 yen from Mr.Sato.
    Even Miss Umiuchi ,Miss Hatae and Mr. Koizumi died ,didn’t they?
    I shouldn’t feel lonely at all.
    Miss Sugiyama I gave thanks for your teaching.
    Good-bye,the Room. Mr.Matsuda,Mr.Ioridani, would you wind up my affairs , please?
    Teacher Hirose,I’m sorry.
    Miss kamiyama, I’ll go ahead of you.
    Suzuki,Shimizu,Ura,Yamashita,Tanaka,Inoue,and Hayashi Cheer up!
    Even if I lost everything , I’ll want for no more than ‘life’
    I feel so before I die.
    It is the most miserable for me to die earlier than my parents.
    Mr.Matsui is an only son , Mr.Hashimoto is only a son, and I’m only a son.
    So , I vividly find my fellow’ parents grieving over our death.
    On March 14th ,15 th,16th ,17th I slept and dug all days long.
    I counted the date by the hands of my watch. I got the hatchet and had two flashlight,
    one spare battery, two foods for emergencies.
    I dug hard again and again , but anylight didn’t come from outside.
    And so I was broken up.
    Life will remain about 10%. 17th 8 in the morning.
    Mother , I’m really sorry.
    Because I have gone ahead you without recompense for being brought up until now.
    Now I’m calm comparatively because all my fellows are sleeping by me.
    For a week or so ,I can wait for any rescue party on sleeping.
    But about 25th the distress will appear as the news.
    In the earliest case , on 29th the search party will arrive here.
    But I doubt that they will be able to find our point.
    If the party of the mountain ski club we met here comes , they could
    find us easily. I regret I should have greeted them at that time. They also had gone without paying attention to us.
    (note: the party of the mountain ski club cooperated with the search troop to give
    the decisive information for the searching. =the party of the mountain ski club in cooperated with the search troop played an important role to give a decisive information for the searching.)
    No.3
    To Yoshie , Tamayo
    I’m sorry to have gone ahead.
    Both Mother and Father will age from now on. So you sisters live well together and please take care of them in stead of your brother.
    To Masako my elder sister
    I entirely left Mother and Father to you.
    Mother ! I regrect dying now.
    I give up now though I’ve been made a new suit .
    The plan to climb the mountain.
    Leader Giichi Sawada (Agri.4)
    Assistant leader Syouzou Nakagawa(lit.3)
    Members 甲午Hashimoto(Agri. 4) Yasuko Tanaka(Cul.2)
                 作頼 Matsui  (Cul. 1) Takehiro Sakai (Cul.1)
    Date 1965 March 11th ~ March 24 th the last day to go down         
    (move 9 days , stay 5 days)
    Course 札内川 ~ カムイエクウチカウシ山 ~ カムイ岳 ~
          ~ 幌尻岳 ~ トッタベツ川
    They didn’t always make a cave of snow and bivouacked at such a dangerous place.
    The investigation by the search troop shows that this snowship ran about 3km down and a mass of snow (debris) was 1km in length ,30~100m in width ,about 40 ton in quantity.
    This snowslip was assumed to be the biggest one as an avalanche in Japan.
    The Tanka (short poem) that Mr.Sawada’s father sang
    “Giichi” Minosuke Sawada
    Delighted with gaining the initial job
    You joyful look in my eyes still now (March in 1965)
    Grief comes again on my wife also
    Looking at a new suit hung in Son’s room (March in 1965)
    Now in deep valley of Mt.Hidaka range
    Wasn’t able to sleep / the night You burnt (the cremation night) (Jun in 1965)
    Northern end on very journey to Mt.Hidaka
    Straw sandals getting to fit for my feet descending (August in 1965)
    Decades been flowing away since my Son’s death
    Recalling remembrance lives the old man from「北の山脈」17号 (March in 1975)
    (S.Sato translated this story on Mr.Nagashima ,Mr.Motohashi ,and Mr.Torataro ‘s advices)
    October 8,2004 短歌が難しかったですが、皆さんに助けてもらいました。よろしく。

  4. はぜ より:

    青っちさんはじめまして。はぜと申します。
    先日北海道の旅行中にバスガイドさんから
    このお話を聞いて涙してしまった者の一人です。
    帰ってからもすごく気になって、本を探してみましたが
    廃刊ということで手にすることができずとても残念に思っていたのですが、ネットで検索をしていて、青っちさんのブログに巡りあえました。
    旅に出ると一期一会を痛感しますが、日常にあるものとの出会いも大切にしたいと思います。
    このお話もう一度、読み返すことができたこと感謝してます。
    ありがとうございました。
    TBさせていただきました。

この投稿はコメントできません。