ブラリの原点でリフレッシュ、

視察に赴かれてた社長さんが、急遽、岡山の地に足を運んで下さった。数回の岡山入りの中でも「価値ある時間」と遭遇されたと伺う。元祖・吉備団子を手にされ帰路についていると。

岡山では、異業種であるが、とある店舗を視察するのだが、あいにく休日であったようだ。しかしながら外から観ては何かを得たようで、その後、利家とまつで世間再デビューを飾ったまつに所縁ある「後楽園」に行かれたと。さぞご満悦かと。

その頃、青等は、ひたすら歩いてた。

どうも、外に出れば「暑いっちゅう」ことは、当たり前なのだが、時には、のんびりと2時間ぐらい時間をかけ、ブラブラしてみたい、今日は正にそんな日であった。

色んな業種の会社や店舗、すれ違う家族や恋人さん等、実に青にとっては実りのある時間なんだが、どうも1名だけがダラリと、まるで小学生時に良くある徒歩遠足で駄々をこねる子供。

ここにもやはり居た。

ドンキーに辿り着く頃には、この大きな子供ちゃんは、グロッキー状態、が、

しかしながら、ドンキーの壁に告知されてる、一押しのビールを見つけては、一気に復活。真っ赤なベルギービールは、青からも、お薦めできるかな。

店員さんが、次男に「女の子用のフロク」を持ってきたのには、大爆笑。最近頻度が高くなる、次男の性別間違え。

やっぱり、ドンキーと来れば、西本っちゃん何だが、ひとまず。今回も入った玄関に「ドンキー」が居ない店舗は、所詮そんなものだ。

っそ、青がそんなもの、と批評するんだから意味はあるかと。

岩手県盛岡にある、ドンキーがやはり「イッちゃん美味しい」とは、青自身のそうだが、周りの方々も同じようだ。

ドンキー話は、冬ソナ以上に話題があるので、ゆっくりと記したい。でも、今回は、ドンキーの「イチゴミルクジュース」は、必ずと言って良い程、各人の「マイベストテン」にランクされてる方々が多い。

最後の店である本屋に立ち寄ると、長男が今夏、奈良在住の涼君等と「ムシキング」ゲームで遊びたいとの不口実を並べて、大き子供ちゃんと折衝。

青を味方に付けた長男は、なんなく手に入れる。今日は、次男好みの本が見あたらず、青は「ひとまず」というのが嫌いなたちゆえ、次回に持ち越しとなる。

そんな彼等と久し振りに風呂を共にする。

日々成長してる彼等を背中を洗いながら、時間の早さと自身の昔(青は良く、祖父に風呂を入れて貰いながら毒舌を聴かされた)とを思い馳ながら、今夜も彼等から、元気な源となる「笑顔」と言う名のエネルギーを戴くのであった。

Pocket