今日はかなり蒸し暑

朝から風が吹かない、我が家にとっては、結構珍しい。 午前中、昨日から連絡依頼してる企業から、音信不通。 昼前にこちらから催促の電話をするが、まだまだこの手 の企業が存在するようだ。 実力がないのなら、購読者ランキングTOPに君臨するよ うなところに、広告など出す身でないと強く思う。 今日は阿部氏訪問日だが、その前に蒸し暑いお二人が 白々しく姿を見せる。 目下一つの事案に、マンションをブロードバンド化するものが ある。こう記すと、「そんなの当たり前だよ」と思う。青もだが。 ことは、そう簡単ではない。 3つの隣接マンショングループの内、最も中心的役割を果た してる1棟、ここが1年半以上もブロードバンド化出来ない事 情がある。 「Bフレッツ」導入は今こそ簡単にそれも、先行投資で個人宅 でも最短数日で引き込み開通工事が行われる時代。 一時は、スポット営業っという、業界用語を用いながら、その 地域で「30人」とか、地域で「12人」等、数の指定が行われ 人の居るところしか光工事はされずにいた。 ヤフーの猛撃と、雇用形態の多角化など、周辺環境が時を 動かすのであった。 今では、そこに1人でも利用者がいれば、光工事をする、それ も、「電話加入権」がなくてもだ。これって凄く画期的というか 時代の早さに、中に居られるNTTの方々も、ついていくのが やっとのことだろう。 ふと、資料を整理していたら、そんな時代の変化を感じるモノ に幾つか出会えた。 「品質表示」を、ネット等の「通信販売」でも義務付けへ! 農水省は、これまで「品質表示制度」の対象外だったインタ ーネット等による飲食品の通信販売にも、産地や原材料名 等の表示を義務付ける方針を決めた。 通信販売は、売り手の顔が見えず、無責任な販売になりか ねないだけに、消費者にとっては強い味方になるだろう。 「農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律」 (JAS法)では、食品の種類毎に品名▽産地▽賞味・消費 期限▽原材料名▽製造者等の表示を義務付けている。 不正表示には厳しい罰則(個人は1年以下の懲役、または 100万円以下の罰金)が科せられるが、農水省は「表示」を 「現物に張るラベルなど」と解釈しているため、通信販売は 制度の対象外になっている。 しかし、インターネットを使った通信販売の人気が高まる一 方となっている中「食の安全」を確保するためには、飲食品 の通信販売にも品質表示制度を厳格に適用する必要がある と判断。 農水省の「JAS制度のあり方検討会」で今後、表示法等の 具体的な内容を検討。早ければ来年春から産地や原材料 名などの表示を義務づける考え。 同省は「パソコン画面の商品をクリックすると、品質表示が自 動掲示されるようなものにしたい」と話している。 何だかその内、フェリカじゃないが携帯片手にかざし、商品を 触れると、画像からその商品の誕生から開発に至る広告等 が映り出され、益々機会依存度は増すことと。 何時の時代になろうとも、「人と人との関わり」をもっと丁寧に シンプル且つ濃密に交わしていきたい。 蒸し暑さの中から、ふとそんな気分になった。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です