データはあるものの、

良く「データ集」なるものを引っさげて、お話しをされる金融機関さん等が居られる。活きたデータは必須であろうが、それに頼ってばかりでは如何なものかと甚だ疑問。では、活きてるかどうかをどこで
判断するのかってことも確かにあるとは思う。ただ、目の前にある「データ」を、価値あるモノにするには、その方の「生き様」が大いに問われる時代に入って来てることだけは、確かなようだ。 知識から「智慧」第一の所以。

学生の街は何時の時代であれ、賑やかであり街全体が明るく感じる。

そんな学生さん等の生活も随分と様変わりの様子だ。

大学生(昼間部)の食費や娯楽・し好費等の「生活費」は年間約86万円(02年11月現在)で、前回(00年度)調査時より9.4%も減ったことが文部科学省の学生生活調査の現況。

これだけ減ったのは、68年の調査開始以来初めてだとのこと。

授業料や通学費等の「学費」は約116万円で3.5%増えており、不況下で生活費を切り詰めている実態が浮かんでいる。

調査は、学生の経済状況を知るため、2年毎に実施している。

全国の国公私立大(短大を含む)の学生約5万3000人を、無作為抽出してアンケートを行い、約69%にあたる約3万6000人から回答を得ている。

それによると、大学生の生活費(平均)は、住居・光熱費が、約27万円▽食費約22万円▽娯楽・し好費約16万円…等計約86万円。

前回調査では、前々回と比べて約8万6000円(10.2%)も伸びたが、今回は前回より約8万円減っている。

中でも、娯楽・し好費の落ち込みが大きく、86年調査時と同じレベルまで下がった。

家庭の年間平均収入は、前回調査から、5.9%減って897万円となっており、文科省は「不況で親の家計も苦しい。就職活動など将来を見越して貯蓄に回しているようだ」と分析はしている。

学費は、前回比約4万円増となったが、生活費とあわせた「学生生活費」でも約202万円にとどまり、前回から約2%減った。

国公私立別でみると、学費は私立が約132万円で、約63万~64万円の国公立の2倍以上となったが、生活費では国立が約96万円で、私立の約83万円を上回った。

自宅通学者と下宿通学者の学生生活費には、約67万円の差があることも分かり、ますます現況かの中、本業以外で頭を抱える状況が増えてきている。

っまぁ、付け足すことでもないが、御家族に何事もなく、更にはアクシデントも無いと云う「大前提」であることは云うまでもない。

未だに、大学は「半分以上は義務教育」の領域を脱していないことは、紛れもない事実だ。

Pocket