お父様?

ドンヨリ雲なる天気が良く続く。雨さんマークが、と思いき やまたまた台風が横断とは。 雨の降りしきる夕方、廊下越しから長男の何とも云えない (例えるなら、くりぃーむしちゅうの有田氏の感じ)笑い声が 聞こえてくる。えらく早い帰宅か…、チャイムが鳴るだろう と、玄関口まで先に足を運び、ドア鍵を開けて立っていた。 タイミング良くベルが鳴る。っと同時にドアが開く。青の目 の前に何とM女史が居た。っま、まじで。。。 隣には長男がどことなく照れながら並んで起っているのだが。 「お父様!(エュ?何でお父様って云われるの?)」と、さらに 「今日ですね、帰宅途中、自転車が倒れていて、それを観て 見ぬ事ができなかったので、起こして整理した途端、周りの 自転車が急に足に目掛け倒れてきたんですよ。(はぁー?)」 「だから、ココの足観てみて下さい!(長男の左足を指しなが ら青に訴えている)」 「大変痛がって苦しんでいますので、是非、お家に帰られた らゆっくりと休ませて欲しいと思い、一緒に自宅まで付いて 来ました。」 懸命なM女史の説明が一通りに終わる頃、青が長男横目で 観ながら一言。 「デートしたいんだったら、もちっと照れずに自分が説明しろ」 こんなやり取りを玄関口で行っているのだから、中奥に居る 大きな子供ちゃんに聞こえない訳がない! 猛進しながら、「あらぁーMちゃん、どうしたの!」と全身から 長男の横に起つんじゃない、と云うオーラを発しながら、もは や戦争そのもの。 でもM女史のおませな大人振りは、この後直ぐに披瀝される。 「あっ、お母さま!居られて私も安心しました。先程、お父様 に申し上げましたが、ゆっくりと休ませてあげて下さい」 「私は、これにて失礼します。(3年生が云う台詞かよって。)」 大きな子供ちゃんの顔も心のボルテージは、ココの箇所で恐 らく最大瞬間視聴率をたたき出した顔。クワバラ。 先般の誕生日会から、鼻歌まじりな日々が続く長男だが、足 が痛いことと、M女史から「お休みモード」を告げられたこと等 を理由に、超得意げに虫キング三昧。 まぁ、それはそれで良いのだろうとその場から立ち去ろうとす る青と相反し、大きな子供ちゃんの、執拗な尋問がこの後続 くことは、容易に推測されることと。  焼き鳥好きな長男だが、今ニュースで中国は、森林保護の為 木炭の輸出を全面禁止にすることを決めたようだ。 現在、日本の焼き鳥店やうなぎの蒲焼等には、国産の半値の 中国産木炭が使用されているようなので、今回の件で焼き鳥 店等は、苦労することになりそうだ。 色んな意味を含め、頑張れ長男!と記しておこうかな。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です