香峯子抄、

Kanekosyou本年1月6日、一部書店から一斉に販売された「香峯子抄-主婦の友社」が既に完売。青のところ(ジャパネット青と云われたりしたり)に、個別メールや問い合わせが日増しに多くなっている。ほとんどの「声」は大手を含め、地元書店等も「来月以降入荷待ち」との回答らしく、地団駄を踏んでいる様子。

事前に相談のあった数十名の方は、このサイトより注文し手にされ、一気に読まれた様子。今日現在も、「二十四時間可能」となっているのでお探しの方や、早めに手にされたい方には是非お薦めだ。

今年のベストセラーとなるに誕生した良書。また、今後長くロングセラーと成りゆく本であることは、「間違いない」(っア、云っちゃった(^_^))、本の内容は、何れ触れることとし、何故、今この本がとりわけ共感を得、益々紹介され往くかを考えた時に、何点かのポイントが挙げられる。

作者の生き方はそれぞれの家訓にもなるであろう「4項目」に要約されている。

1,人のために、社会のために生きる。

2,すべての人に誠実に。

3,信念は、一生涯、貫き通す。

4,勝つことよりも負けないこと。

…これらに尽きるのではないだろうか。 ご子息が書かれた「まえがき」の冒頭に、「私は、誠実な正しき道を真っ直ぐに生き抜いてきた母が大好きです。人間としての尊い使命に徹した、平凡であって偉大な母だと思います。(…中略…)どんなときでも、笑顔を忘れない。

どんな苦難にも、決して負けない。ありとあらゆる嵐があっても、微動だにせず、正しく強く歩み通してきました。その母の微笑みは、どれほど深い信念を秘めていることか。そして、どれほど大きな希望のちからをもっていることか」とあります。

妻として、母として、女性として、あまりにも学ぶことが多い一書であり、全女性必読の「書」ですよ!と、手にされてる方々が寄せられるお便りに共通して綴られている言葉でもあります。

青ンちは、子供等もが手にし、夜な夜な読んでいる真っ最中だ。(^_^)V

Pocket

香峯子抄、” に対して1件のコメントがあります。

  1. 香峯子抄

    幸せになれる一書! 「愚痴は福運を消し、感謝の唱題は万代の幸を築く」

この投稿はコメントできません。