このサービスは良いかも、

昨年、青にとっては避けたい銀行の一つにあたるのだが、本命銀行がそのシステム導入を考えていないことに白けてしまい、避けたい銀行の「新サービス・キャンペーン」に申し込んでみた。日経トレンディーなる高額な雑誌など購入せずとも十分各自が自身の「眼」で確認できる昨今、有難いことだ。 サービスとは、三井住友銀行の「電子メールお知らせサービスである。簡単な話、自身の口座に「入出金」なる動きがあれば、PC(2つのアドレス指定可能)や携帯メール(1アドレス)に、タイムリーに教えてくれるモノだ。キャンペーン期間に入っていたので、青などは今年の3月末まで「無料(105円/月額)」なのだが、当たり前のシステムだけど、これって意外と嬉しいモノだし使いかっては良いかと。ヤフオクなどは縁がない青だが、オークションされてる方々は重宝モノだと思う。 最近、ご自身や事務所運営を出来うるだけ「IT化」に向け尽力されてる社長さん等には、社もそうだが対面におられる「顧客管理」にも応用出来るとの声は、決して分からなくもない。 でもねぇー、三井住友だけなんどよね、振込手数料を大幅にアップしたのは。過日、ライブドア社の堀江モン社長がそう遠くない時期に「銀行構想」を話された時にも云われていたが、何で銀行は、同行支店間でさせ振込手数料を取ったり、上記のような便利なんだが、結局のところここでも「手数料」をGETする動きは見るに堪えかねないし、本チャンなる業務で収益構造に注力して頂きたいモノだ。堀江モン社長の銀行は、恐らく通常観念を打破するモノになると期待したい。 みずほ命の青にすれば、一連の大型システム統合を終え、早く顧客のニーズに合うサービスを展開して貰いたい。 今回結局、旧第一勧銀系のシステムに移し替えたことが行員さんにとってかなり本業から外れた時間を費やされてる声を聴くにつけ、根っこから「みずほ」らしく、業界のリーディングカンパニーへと邁進して欲しい。 ちなみに、口座へ入金があった場合、PCへは、下記のような案内でメールが届く。携帯はより一層観やすい。
メールの件名:【三井住友銀行】振込入金のお知らせ 【金融機関等を装う電子メールにご注意ください】 電子メールに記載されているURLおよびそのリンク先は必ずご確認ください。 くわしくは、弊行のホームページをご覧ください。 ◇──────────────────────────────────◇        いつも三井住友銀行をご利用いただきありがとうございます ◇──────────────────────────────────◇  ○○ △△さま   以下の振込入金がございましたのでお知らせいたします。   入金口座:  ○△ 支店 残高別普通(総合) 口座番号○○○○○○○   入 金 日 :  平成17年01月07日   金   額:  5,000円    内   容:  振込 マイクロソフト(カ)オフイスキヤツシユバツク   平成17年01月06日22時02分現在(配信番号:  000000-0000)   ※振込、残高照会、定期預金・外貨預金・投資信託などのお取り引きは     以下のアドレスから、One’sダイレクト(インターネットバンキング)にログインしてご利用ください。           ┏━━━━━━━━━━━━━━┓           → http://direct.smbc.co.jp/           ┗━━━━━━━━━━━━━━┛
これって、見た人なら「あぁーあれね!」ってな具合、そう、マイクロソフト商品の「キャッシュバック」の金額だ。これはこれで嬉しモノだ。だって、何時入金かも分からないものに対し、そうそう残高確認をしてみても労力だけで終わる が、青なんかは、先に携帯に通知が着て、その後PCにとの流れだった。サービスは無限にあるのだろうが、目先の採算合わせに固守していたら、後発組なる銀行がサクッと顧客を奪い去る昨今、反面、携帯サービス同様、使うユーザーの「眼」が今後益々求められてくることも確かだ。 ~ 宜しかったら、人気blogランキングへ 応援を ! ~
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です