復活?親父の会、

今思えば、NPO化しとけば、と幾度か思う昨今。数年前に「親父の会」を主宰していた。ライフプランニングサービスを行っていれば必ず避けては通れず、各士業「殿」などは、表看板的に「ご相談にのります」と謳ってはいるものの、「父」に対しての法整備や世間の認識がかなりズレていて、片やメディアで、女性向けの「離婚のススメ」講習会や塾などが乱立していた矢先でもあり、青のところに、それらに対抗するのではなく、きちんと自分等の「心根」を聴いてくれる機関の設立がないモノかと、良く語り、動いた時期があった。

結果、ある程度の人数のみのお話しであったため、それこそ、「青っちの『わ』」なる人脈で解決はしたのだが、実際それをビジネスに置き換え、メディアまでもがこぞって取りあげているのは、上記中にある、「女性のためのコンシェルジェ」だ。(×_×;)

離婚による「父子家庭」は、この20年間で42%増え03年には、12万8900世帯となり、死別等も含めた総数は、83年に集計を始めてから最多の17万3800世帯となったことが昨日(20日)までに、厚生労働省の調査で判明した。

シングルファーザー(これこそ横文字は似合わないモノだが)の一番の悩みは、・・・・・・・・・・・・・・・・・・「家事」。

しかぁーし半数は、「相談相手が居ない」とし、悩みを抱え込みがちな「父子家庭」の孤立振りを伺わせるものとなった。調査は、03年11月、無作為抽出した地域で母子家庭等と一緒に実施。

全国の「父子世帯」は、全ての世帯の0.4%に当たる17万3800世帯と推計。離婚が74%を占め、20年前は40%だった「死別」が、19%に減ったかたちとなった。

仕事は、常勤雇用と事業主が合わせて91%。色んな意味で困っていることは、「家事」を挙げる人が全体の35%と最多で、家計(32%)と仕事(14%)が続き、「家計」が44%と最も多い母子家庭とは対照的になったのだ。

また、「子供に関する悩み」は、母子家庭の場合、子供の性別に関わらず「教育・進学」がTOPだが、「父子家庭」は娘さんだと「しつけ」、息子くんには「教育・進学」とTOPが分かれた。悩みを相談する「相手」が居ないとした「父子家庭」は49%。母子家庭(19%)の2倍以上。

数字は確かに怖い存在だが、せめて、会までにならずとも、折角、このようなBLOGというツールがあるんで、利用されれば違った方向性が導き出されるのではないかと思うのだ。

でもって、仲々イメージがわかない方が居るのもこれまた事実!すっごくわかりやすいのが、専ら新聞紙上で広告宣伝されてる「保険」だ。この辺はFP社長さんに詳細は委ねるとして」も、単純な話し、俗に言うところの生命保険商品とは、対象とされてる方がお亡くなりになった場合や高度障害時に支払われるものが常だ。であるなら、「そうでない場合」はそれらの商品は如何様な機能となるのであろうか?だって、棺の中でなく「まだベッドの上にその対象者が生存」しているんだから。「家事」をTOPに悩みと挙げることも重々分かる。でも職場や子供の事、ひいてはご両親が健在ならば、等々挙げれていけばキリがないほどだ山積みだ。

翻って、市場原理から云えば、サラリーマン金太郎のように、いつも竜ちゃんを負ぶって出社出来うる環境な企業は果たして、と、考えるまでもないだろう。

理由はそれはそれであるだろうが、前向きに生き抜く中、青などは真剣に思う。高額投資までし、FP資格を取得し更に資格の更新のために、また自己投資。であるなら、教科書通りな市場業務ばかりに目を向けるのでなく、このような「父子(母子も含め)家庭」を如何なるセーフティーネットで構築するべきか、侃々諤々なる話し合いがあって然るべきではないだろうか。

青は、自身の立ち位置で業務を進めている。高額FPさま、タナボタな業務案件などを腹で狙っていたら、ご自身等が自称FPハゲタカ集団の餌食になりますぞ!それも気がつかぬ前に。それも肯定されながらのこと。哀しいことですだな。

ミドルの起業と年金(社会保険)は、かなり密接につながっていることながら、発想の転換を行えば、無限に拡がるのだが。こればっかりは、青などが先駆して行わないと絵に描いた餅と揶揄されますね。頑張ろうっと!

今も横にある広告で謳っている、「闘う社労士」と。是非とも闘って貰いたいモノだ。っそ、逃げず・ケチらず・どこまでも人間を人間とした関係を、即ち、信頼構築の上でのことを根底に置きながら。呉々も狡賢くないようにネ。(^^;;

「親父の会」は、離婚や死別のみという見方が大半を占めるが、青に云わせれば、もっと「日常において、社会へ大いにメッセージを送り続ける」という錦の御旗が大前提だ。今後は、参加者双方にビジネスチャンスが生まれるようには考えて参りたい。よって、ご興味ある方は、コメントや個別メールでもアクション下されば何かが動くかと。

~ 宜しかったら、人気blogランキングへ 応援を ! ~

Pocket