LD社が遂に動く、

西京銀行ライブドアインターネット専業銀行設立構想に関する基本合意 ヽ(*^。^*)ノ 本日(1月24日)、株式会社西京銀行(以下、「西京銀行」)と株式会社ライブドア(以下、「ライブドア」)は、共同出資によるインターネット専業銀行設立構想に関して基本合意に至ったと、プレス発表された。(^^)//”” saikyou青っちも、サプライズを求めてる方々の一員だ。西京かぁー、何だか懐かしい「サイちゃん・キョウちゃん」。ヤフーや振興銀行にどうだのこうだの云われるが、是非期待したい。業務的観点から、このリリースは、どちらに軍配があがるかも見んとねぇ。
1. 合意の概要  西京銀行とライブドアの100%子会社である株式会社ライブドアフィナンシャルホールディングス(本年2月設立予定)との共同出資により、銀行設立準備会社の設立を通じた新銀行設立構想について検討を開始します。監督官庁からの銀行免許取得を前提として、年内にもインターネット専業銀行である西京ライブドア銀行(英文名称 livedoor SAIKYO Bank)(仮称)の業務開始を目指します。
 新銀行設立に際しては、西京銀行は銀行業務および銀行運営のノウハウの提供と人材の供給を、ライブドアはオンライン金融サービスおよびインターネット事業のノウハウの提供と人材の供給をそれぞれ実施いたします。
 また、両社は、銀行経営の健全性の確保及びネットバンキングにおけるセキュリティーの信頼性確保についても積極的に取り組んでまいります。 2. 合意の目的  西京銀行は、山口県に本拠を置く地域金融機関として業務を行ってまいりましたが、昨年より邦銀初の女性常勤役員を配しレディースバンク戦略を展開するなど首都圏を中心に個人金融分野でのリテール戦略強化にもつとめてまいりました。この度、新たに事業展開を図るに当たり、ネットユーザーに強力な顧客基盤を持つライブドアとコラボレーションを行うことにより、ライブドアのユーザーにもワンストップ総合金融サービスを提供してまいります。なお、本合意により、リレーションシップバンキングの一貫として地域の皆様には幅広い事業展開を可能にするインフラの提供にも取り組んでまいります。
 一方、ライブドアは、総合金融ソリューションの実現のためオンライントレードのライブドア証券や電子マネーのビットキャッシュ、消費性ローンのライブドアクレジット等オンライン金融サービスを展開してまいりました。ポータルサイトにおけるデパートやオークションといったイーコマースサービスとともに、幅広く個人のお客さまにご利用いただいております。今回西京銀行との合意により新しく銀行業務を開始し、全ての金融・決済サービスをシームレスに提供することにより、個人のお客さまに対してインターネット上で総合的かつ利便性の高いサービスを提供いたしますとともに、昨年末子会社化した弥生株式会社がもつ中小法人顧客基盤への金融サービス提供によりグループシナジー効果も高めてまいります。 3. 銀行設立準備会社の概要
(予定) (1)商号   株式会社西京ライブドアネット決済企画
(2)代表者  取締役社長 山下 禎治
(3)所在地  東京都中央区日本橋本町
(4)資本金  20億円
(5)株主   西京銀行51% ライブドアフィナンシャルホールディングス49%
(6)設立   平成17年2月(予定) 4. 新銀行の主要業務内容 個人向けにインターネットを活用した決済サービスならびにローン業務
中小企業・個人事業者向けにインターネットを活用したローン業務 5. 今後のスケジュール 平成17年2月  最終合意書締結、銀行設立準備会社を設立
尚、銀行免許取得次第、銀行業務開始 6. 西京銀行の概要 (1)商号       株式会社西京銀行
(2)代表者     取締役頭取 大橋 光博
(3)本店所在地  山口県周南市平和通1丁目10-2    
(4)設立年月日  昭和5年11月17日
(5)事業内容    銀行業務
(6)決算期     3月
(7)従業員数    827名(平成16年3月末日現在)
(8)資本金     113億円(平成16年3月末日現在)
(9)総資産     6,732億円(平成16年3月末日現在) 7. 業績に与える影響 本件により西京銀行グループ全体の収益の拡大を見込んでおりますが、銀行免許取得の具体的な時期、銀行業開始時期等が未定であるため、現時点では、業績予想の修正は行いません。
西京銀行への口座開設が激増するだろうなぁ。っあ!FP社長が一足早く開設しそうだが。(^_^) どのような「サービスプラン」なるサプライズが登場か、期待したいな。 ~ 宜しかったら、人気blogランキングへ 応援を ! ~
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です