長男と天気予報、

平日の朝を苦手とし、土・日等休日に決まって早起きの機能が作られてる長男。曜日に関係なく、何かの殺気(青が近付く(^_^))を感じたら、とっとと時間無視で起きまくる次男。夜でも朝でも、とにかく寝続け、24時間メルヘンなるお伽の夢(そう簡単には楽しい夢は見れないようで怨念({{ (>_<) }})めいたモノが大半とか)を抱く大きな子供。(T.T) そう、朝は意外にも大変!。でもそんな中、毎朝長男は必ずとる行動がある。それは、朝日新聞の「天気予報」だ。「今日は昼から<曇り>マークだから、洗濯物気をつけた方が良いよ!」と大きな子供に伝える。もう日課のようだ。時に、「エェー、晴れじゃないのぉー」と疑れば、長男は青のところにやってきて、決まってこの予報サイトなるお気に入りをクリックし、確認と自信を持った後にテラスに向かって呟く。「だ・か・ら、雨♀」って云われるんだよ、と。 テレビから、各地の荒れ狂う寒波の様子が流れてくる。青ンちは是非前々から尋ねて見たい「地」である種子島。子供等もこの地名は共通語にもなっている。そんな種子島に「初雪」ニュースが流れるのだ。次男などはハイテンションさながら、結局今朝もいきなり、今BLOGでも有名な階下の住人から「突かれる」(`_´)(`_´)(`_´)…(`_´)。 鹿児島県種子島の西之表市で昨日(1日)、「初雪」を観測。種子島測候所によると、同島での降雪は99年2月3日以来の6年ぶりだとか。この測候所によると、1日AM2時頃、霙が降っているのを確認。AM10時前にも霙となり、11時頃には完全な雪が5分程度降ったと。また、同県の屋久島にある屋久島測候所でも、1日、4年振りの雪を観測。屋久島では山間部の冠雪は、例年観測しているとのことだが、測候所のある平地での雪はかなり珍しいと。 とかくバタついている朝ではあるが、天気予報の記事やニュースなどでも、今日一日子供等の「心のバロメーター」を体感できることが何より嬉しい。(^_^)V ~ 宜しかったら、人気blogランキングへ 応援を ! ~
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です