メモリアルへカウントダウン、

2.11yosigyuBLOGを始められる方が多いようだ。ヾ(^v^)k一昨年前に、訪問した企業や関連会社などは、嘲笑いながらBLOGを貶していたことは、実に哀しい。しかし彼等が嘲笑う時間をくれたお陰で大いにチャンスが脹らみ今もって感謝だ。Niftyのココログを使ってるが、システム構築増強等進化し続ける姿は見えるが、時間帯に関係なくレスポンスが遅い。整理しながら、「吉野家」の記事を綴っていることがかなり多いことにあらためて気付く。(「ドラちゃん祭りから、いろいろ。」「桜の楽園」等)その「吉野家」なる「牛丼」の、一日限りの復活日が今週だ。燃える青は週初めら狙っている。(笑) 一年ぶり、一日だけ 吉野家ディー・アンド・シーの安部社長は先日(1日)、今月11日のみ限定で、吉野家の牛丼を全国1008店舗で復活させると発表。」同社の牛丼復活は、昨年5月以来9カ月ぶりだ。 安部社長は、米国産牛の輸入再開がなされないまま年を越したことについて、「全くの予想外だった」としたうえで、「販売を休止した昨年2月11日を、メモリアルの日としてイベントを企画した」と説明。僅か1日だけだが、全店で出せる最低の数量として、150万食分(150トン)を確保したという。当日は並盛300円大盛400円。「現在の趨勢からすると、並は400円台が妥当な価格だろうが、ある種のイベントとしての価格設定。利益への期待は当然できず、もうけヌキで取り組む」と、安部社長談。 150万食分という数量は、輸入休止前から国内にあった在庫分を集めたもの。「(休止前の)1日平均が80万食。土日祭日は100万食で、平日の2倍、週末の1.5倍を用意した。これで勘弁して、というのが率直なところ」とし、「各店の売れ筋で凸凹の調整をするので、ほぼ時間差なく全店で終売に向かうだろう」とみている。 尚、当日は、牛丼のみとなり、他のメニューはお休み。混乱を避けるため、牛丼のテークアウトは1人4個までとし、「現場は相当密なシミュレーションで、対応の準備をしている」と発表。また、「ねぎヌキやねぎだくなど、特殊なものは混乱を避けるために勘弁してもらうが、ツユだくは「市民権」を得ているので、これはこちらが頑張らないと」と話されている。ヽ(*^。^*)ノ あの懐かしの「吉牛」の味が全国で味わえることになり、各地の吉野家には行列ができることになりそうだネ。 ~ 宜しかったら、人気blogランキングへ 応援を ! ~
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です