華の交流、

kabukiza人事の季節でもある。思いもしない「地」への転勤と知らされ、途方に暮れてる方へ、某社社長は励ましにそして東京の想い出になれば、更には「時間の使い方と付き合い方」を恐らく伝えたく、銀座は「歌舞伎座」にともだって行かれたようだ。 時間的にどの演目から観ているか定かではないが、「神楽諷雲井曲毬(かぐらうたくもいのきょくまり)」、「どんつく」、そして夜の部である、「ぢいさんばあさん」、「新版歌祭文(しんぱんうたざいもん)」、「野崎村」、「二人椀久(ににんわんきゅう)」を観られていることだろう。歌舞伎座 二月興行情報からも、夜の部が楽しそうに見受けられる。今宵は、黄金の絵巻物語の如く、お二人にとって最高な財産になることだろう。 『あの人は、実に平凡のなかに、優れた何かがある、美しい物語りがあると、いわれるような女性で、一生を送りたい』 『清らかな、そして、深い友情の星につつまれた、人間こそ、いかなる名誉を持った、人よりも、偉大な人間であろう』(わが友へ より、桂冠詩人)を、清らかな二人の関係に益々幸多かれと、この2つの詩を贈らせて戴く。 ~ 宜しかったら、人気blogランキングへ 応援を ! ~
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です