決めつけからの脱皮、

先週末から長男の体調が余り芳しくなく、昨日はかなり無理しながらの登校となる。体育授業前に保健室に行き、通例のように体温を調べ、「微熱」と判断、本人は「きつい」と云ったそうだが担任君(ぎみ)が登場し、本人の心情を上手く聴くよりも先に「病は気から」とねじ伏せ授業に連れて行ったと。日頃の言動や行動から「そんなに喋れるんだったら」との一言は、本人が一番傷付いたようだ。その後、学童に行かず直接帰宅してコトの顛末を聴く。チョコチョコ話をする彼を観たら聞くまでもなく「分かる」。そう目元が「風邪或いはインフルエンザか」と。青の手温とテルモの体温計とは、さほど誤差無く8℃を軽々クリアしていた。速攻で医院に行くが、「ただ今の時間帯、インフルエンザの検査が出来ない」と。「なんじゃそれゃ…」っま、ここから先は大きな子供が制するまでドタバタ劇。子供の風邪論となる持論を医師にぶつける青が居た。(笑) 連れて帰ってから、LD社関連のニュース等をまとめ録りしたモノを順序を問わず「波瀾万丈」から長男と観る。画面からではあるが、彼が堀江社長を観るのは初めてだった。「ブロードキャスター」でのLB社日本アドバイザリーとの肩書は見せず、教授としてそれも番組のアンカーマンとして愚人。「サンデープロジェクト」では、これまた連週の如く愚人揃い。「アッコにおまかせ」では、あのアッコさん自身が緊張しっぱなし、生番組でもあるが、自宅のみのさんから激励文が届くがスタジオ全体が右往左往。極めつけは、昨日の「きょうの出来事」、これはあまりにもひどい愚の骨頂。ごった煮情報局さんのオフィシャルサイト(このサイトは良くできている)。尚、 「きょうの出来事の動画はこちらで観れるようです。」 内容は堀江社長の「社長日記でのコメントにあるとおり」一通り長男と見渡しながら、堀江社長の「所信表明(ライブドア代表取締役社長兼CEOの堀江貴文氏による、ニッポン放送株取得の所信表明が動画で配信。25日までの5日間に渡り、毎日更新される予定。これは、堀江社長の所信を正確に伝えることを目的に行われ、21日分では、LD社とフジサンケイグループが業務提携することによるシナジー効果を3ポイントに分けて詳しくアピールしている。っで又、掲示板も設置されており、意見や感想が投稿できるようになっている。視聴には、livedoor IDが必要。)」をNETで観る。 長男がぽつりと青に云うのである。「誰かがどこかでウソついてるね」「言葉って簡単そうで難しい」「意味が違う質問ばかり」等々、子供ですら分かるようだ。 horiemonnohon世間ではTV出演などせずに…との意見がある。しかし出演、掲示板への書き込み(凄い中傷)等も精査しながら読み、自身の至らぬ点やユーザーからの「声」で新しいアイデアを出す。経団連会長までもがコメントを出すが彼の方は稼ぐが勝ち」等の著作を読まれてのことだろう(一冬ソナファンでもあるもんね)、読まれての発言はある種嫌みは感じられなかった。ホリエモンを若者が支持するのは容易に分かるし大いに学ぶべきだ。が、しかし、世の奥様方なる世代が、かなりの「数」支持されている。それも「言葉に出して(NETでも同様)」のことだ。そして、書店では「株」関連の本を手にされているではないか。その横では、OLさん等が起業本を読み漁る。ミドル層は相も変わらず「週刊紙」。この構図が劇的に映るのは青だけではないと思う。 氷枕を取り替えながら、長男を見つめて更に思いを巡らす。 時期的に「政争」ネタへなり始めたら、これまた「善い意味」で大変だと。今回の一石は、後年にのこる史実になることは間違いないだろう。そして、今の子供等が成人する頃には、「当たり前のことが当たり前どおり」へ行き交う時代に。その時代に「魂(真剣)のバトン」を渡す青等の世代は、今、何を成すべきか。心して学び、行動する「義務」があることを感じずにはいられない。
青っちは、いつもこんな思いで子供等へ接し続けたい。(^.^) 「観て」「聴いて」「感じて」「思ったこと」を 「ありのまま」自分自身の言葉で語り、伝える事を。             青っちの 『』 プロフィールから 青っちの考え:-これからの人材は「心や人生の偏差値(生き様)」も高い、「人間力」に溢れていなきゃぁいけない-と。ビジネスにも関係してくるんですが、「こころの時代」が叫ばれてる今、人材も心豊かな人が求められている。
20世紀後半より、世の全てにおいて、「対話」の重要性が一番叫ばれてきているが、ここのところがかなり閉塞している。仕事柄益々感じる。よって自身の「使命」を、着実に実行するのみだ。 ~ 宜しかったら、人気blogランキングへ 応援を ! ~
Pocket

決めつけからの脱皮、” に対して1件のコメントがあります。

  1. ライブドアVSフジテレビ 堀江社長 日本テレビに出演!?そしてブチきれ

    ライブドアの堀江社長のブログを見つけましたまたまたニッポン放送関係でいろいろ思索を巡らす。既存メディアは作り手側のコンテンツを一方的に流している部分が大半なので…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です