当選の確率、

毎日良くもまぁーこんなに「懸賞メール」が届くもんだと半ば感心しているのだが、かなり前から、青自身と大きな子供とで、どちらが「俗にいう」懸賞に当たるかってやつを、ほぼ毎日に朝一の作業感覚で行い続けている。申し訳ないことに、大きな子供は、一度も当たらず今まで来ている。一方、青はと云えば、女性用のエステコースやらネックレス、等々、地味に当て続けている。行けず、使えずと勿体ないのだが、先日は「音楽ギフト券」なるものが届いていた。でも最近一番の微笑みは、この懸賞を提供される「企業」さんの心根が随分と分かってきたことだ。4月1日以降、この手のメールが色んな意味で問題視されるだろうが、早くも「次の」「次」を想定して、取り組まれている企業などに遭遇すると格別に嬉しいモノだ。 子供等が、「今日は何が当たったの?!」と尋ねることが多い中、先に記したことだが、当選権利を「ユーザー側」も「貯金」できるポイント制システムを導入して貰いたい。権利を有効に活用できるためにも。何てったって、「双方向」が正に叫ばれてる今日この頃。ちょこっとしたお得感から、「理解・納得=共感」できるものに、ユーザー側は歩むはず。「結構いいじゃない」って、日々どの時間帯であれ云ってみたくないですか! ~ 宜しかったら、人気blogランキングへ 応援を ! ~
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です