日本橋高島屋、

ratoriedo地下道からの入り口で開館前のカウントダウンに遭遇する。数分前、基調としてる「赤い薔薇」の説明を受けるのであった。しかし、あの人集りには感心してしまう。早い時間帯から、起業家候補の女史と新進気鋭で著名なグラフィックデザイナーの某氏と、日本橋高島屋ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション サロン・ドゥ・テで打ち合わせ、全く新しい展開に派生しそうで、今回の企画が軌道に乗れば面白い展開になるだろう。 コーヒーの味へのうんちくはこの際別問題だが、MTGするには絶妙な場所であることだけは云える。 その後、旧知である某社社長の事務所が、この連休中に日本橋(BLUE MARK)へ移転することを知っていたので、近くまで歩いてみる。立地条件など鑑みても遜色なく、一人辺りを見渡しながら、彼の戦略の一端を垣間見る。昔からやり手ではあったが、「勝負」に出た格好だ。成功を祈る。 電車移動時に、理髪店を運営してる代表から声をかけられ、直球に指摘される。「そのヘアスタイルどうにかしたい」と。リピート客へのサービス戦略を少しの時間一緒に考える、その足でお店に入る。彼の仕事観は半端な考えや妥協点は皆無であり、職人と云わして貰った方が帰って親近感を覚えるのだ。終始一貫、見習君へは一切「基本」しか教えていないと喝破される。「基本(本来やるべき事や醍醐味を感じ取り実践すること)」を知らず・出来ずに何が出来るのか、何が言えるのか、と。甚深なる裏付けされてる「言葉」の重みを感じ、4月1日から値下げでなく「値上げ」戦略に舵が切った格好に違う意味でも成功して貰い。 ~ 宜しかったら、人気blogランキングへ 応援を ! ~
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です