ドラマに学ぶ、

「福岡沖玄界地震」に対し、衷心よりお見舞い申し上げます。<(_ _)> 奇しくも、本日放映された「救命病棟24時 11話」で、ドクターやナーススタッフ等が心身共に再ピークを迎え、一人一人が、未知なる復興への「諦め」を感じてたとき、進藤先生(役演じる江口さん)が、阪神淡路大震災でのひとつの写真を神戸新聞に依頼し、届けられた写真は、同じ位置から撮影された、「諦めない」心根なる写真であった。話はドラマであれ、本意は相違ないと思う。小泉首相は今日、福岡県西方沖地震による被害の激甚災害指定について「非常に難しい状況だと聞いている」と述べ、指定は困難だとの見方を示されてはいるが、被災されてる方々の心情を十分に汲み取って貰いたい。
Pocket

ドラマに学ぶ、” に対して 2 件のコメントがあります

  1. 占い日記 より:

    救命病棟24時

    東京に大地震が起こる。
    そんな大規模な設定のドラマ、
    「救命病棟24時」。
    これまで大きな地震がなかった
    玄界島のことを考えると、
    日本のどこに住…

  2. okameの目 より:

    救命病棟24時 最終回

    ついに終わってしまいましたね。
    毎週火曜日に楽しみにしていた「救命病棟24時」です。
    先週では「おいおい、集団食中毒ってどんな展開だよ・・・」と思わず思…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です