時代は川島か、

「ドラえもん」については、今BLOG中でも再々取りあげてきた。大山さんのドラえもんテレビは実質今月の18日で終了。先週の25日は恐らく春休みのお祝いとして、映画「ドラえもん のび太とワンニャン時空電」があった。 既に長男等は、ドラえもんの声優さん等が交替することを知っており、半分悲しみながら、半分興味を抱いている。79年から務められてきたドラえもん役の大山のぶ代さん(68)等に代わり、今春4月15日放送分から主要キャラクターの声を担当する新しい声優が発表され話題を呼んでいる。 新しいドラえもん役は、水田わさびさん(30)。今回も女性だが男の子のような「ちょっとつぶれた愛らしい声」が特徴で、代表作は「あたしンち」(テレビ朝日)の川島役。水田さんは「プレッシャーは物凄くありますが、水田わさび也のドラえもんを目指し、可愛らしさをモットーに頑張っていきたい」と、発表会見でコメントをされていた。これを長男が知るや否や、「ッエ!あの川島さん」、「…」、「あたしンちの川島さんだぞ!!」。長男の頭の中は、コオロギと蟋蟀が飛び回っているようだった。っま、長男の思い描いた人は、FP社長として、新宿はSG研修会に参加され、なにやら同郷の誼なる方とめぐり逢えたようだ。毎回ドラマを生むお方ではある。(笑) 小原乃梨子さん(69)から、のび太役を引き継ぐのが大原めぐみさん(29)は、アニメ初挑戦での大役。ジャイアン役は、たてかべ和也さん(70)から、大幅に若返りこの春、中3になる木村昴さん(14)が務める。「新しいジャイアンを前面に思い切り全力でやっていきたい。僕にも妹が居ますが、ジャイアンの妹思いは見習わなくては」と木村さん。しずか役は、野村道子さん(65)から、かかずゆみさん(31)に、スネ夫役は肝付兼太さん(69)から、関智一さん(32)に交代。5人合わせて「206歳」分の若返りとなるんだよね。その5人は、「原作コミックのキャラクターに最もあった声を」と、590人の応募者からオーディションで選ばれた。 でもその中で、決まってからも「パニクッタ」と云われた、わさびさん。川島役は、仲々渋めの登場だっただけに、今後は、アニメ界の牽引役としても注目される。今や子供等だけでなく、大人社会にあってはならないキャラクター。大山さんの経済効果は計り知れない。川島さんの「豹変」ブリが大袈裟かも知れないが、今後の景気にかなりチカラを及ぼすはずだ。いざ、川島ブームとなるか?! ちなみに、新作映画は、明年春。制作スタッフの英知が集結されてのことだろう。処を何処にしているかは別として、次男や長男等と、あの劇的な「梅田」時代を、再度味あわせてあげたいなぁ。 ~ 宜しかったら、人気blogランキングへ 応援を ! ~
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です