たまにぃバリ式って、

青の肩凝りさんは仲々どうして頑固だ。タイ古式マッサージが昨年来よりブームのようだが、周辺地域でも仁義なきたたかいが起こっている。美容院の店舗が異常に乱立してることは、ちょくちょくこのBLOG中でも登場する話し。タイ古式も同様の動きに些か首を傾げる。「質と値段」、「雰囲気と時間」、「施術者と顧客」、看板とお客。これって面白い相関関係が出たりしてて、毎度考えたりする。 …でも、意外と無いんだよね、「バリ式」って。 過日、某区でてオープンしたての店舗に入って、「クリームバス」ってもんに遭遇する。…案外、気持ちいい。o(^o^)o 「クリームバス」とは、かみ質に合わせたトリートメントクリームを使用し、頭皮等を丹念にケアする「バリ式のヘアエステ&ヘッドマッサージ」。髪の状態が、改善されるのは勿論のこと、頭のツボを刺激するので、目の疲れや肩の凝り(青はここにハマルのだが(^^)v)、日常のストレスも解消できるっていうんで人気を集めてる。 やっぱり、「極上」のリラクゼーションを求めるなら、専門のサロンがお勧めだろう。(サービス業は心臓部でもある) 青が、選んだコースを挙げると、 「ツボを刺激しながらシャンプーマッサージ」 ↓ 「状態にあわせたクリームバストリートメントで、頭皮マッサージ」 ↓ 「首や肩のマッサージ」 ↓ 「髪に栄養分を与える、ヘアスチーム」 ↓ (*^。^*) その道の「プロ」の手にかかれば、たちまち最上級のリラックスタイムだし、丹念に地肌や毛根・頭皮の汚れも取り除いてくれるので、抜け毛を防ぎ新しい髪が生えるのをサポートするという、違う意味での嬉しさ効果もあったりする。最近であれば、サロンは、男女共に利用OKと、云うところも多い中、未だに「女性専門」っていう案内や看板を良く見受ける。 市販されてるフルーツや、ハーブのトリートメントクリームを利用すれば、自宅でも手軽にケアすることができるんだよね。 滑らかな髪には「アボガド」、増毛促進には「キャンドルナッツ」等、髪質にあわせたトリートメントクリームを選ぶのも賢い選択だ。 使い方は洗髪後、適量のクリームを額の生え際から後頭部にかけてのばし、髪や頭皮になじませるよう丁寧にマッサージをする。抜け毛予防には、頭頂部にある百会(左右の耳の延長線と鼻の延長線が、交わるところ)と云うツボ、偏頭痛には、頷厭(こめかみの指2本分上の側頭部にある)と云うツボを刺激するとかなぁーり良いと云われてるので、その部分を意識してマッサージすれば一石二鳥。 たまぁーには、バリ式に、「クリームバス」って、穴場かも知れない! ~ 宜しかったら、人気blogランキングへ 応援を ! ~
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です