プロらしく、

早朝から、子供等と大きな子供は、中野坂上に。今日は随分と蒸す。青は、昨日から取り組んでいた某通信会社へのアドバイスと併せて実際に試みることに。

大手(っま、こんな書き方しなくても分かるんだろうが)電話会社の所謂、「取扱マニュアル」の盲点を指摘されるユーザーさんとの作業は青にしてみれば、頭の体操になって嬉しいモノです。(笑)

そうそう、結構通常使ってる、固定電話や携帯など最近ではIP電話然り、意外な機能や「こんな場合使えたら良いのに」なんてことが、日常やビジネス上でも挙げたらかなりあるはず。

青なんかは、その点、「こう使いたい!」って云うのが先に有りきだから、面白い発見の連続でいて、当たり前と思うんでそのままにしている。「クレジットカード」等もその類。今はネットや情報発信の機会が増えてる関係で色々と目にするが、「っで、実際どうヨ」って箇所がほとんど見受けられないのが哀しい。

だから、毎週日曜日の日経新聞は、青にとって「ストレス」のたまり場と化す。本当に日経かと思いたくなるんだから。

例えば、今朝の「医療保険の基礎」。妻に夫そしてFPという構成でうんちくを載せている。読者というか普通にこの記事を読んでる方の印象はどうだろう?煽るだけ煽ってて、

「…、一定の条件」
「…、だそうです!」

なぁーんて、簡単に誤魔化さないで貰いたい。特段アリコ社と利害関係などない青っちだが、アリコ社の方は、是非抗議するべきだ!

保険業法上、愚の根も出ない立場な方々がいる中で、単なるお気取り評論家さん等は、喋りたければ自分の家庭で喋ってていただきたい。都合の良いときだけ医学博士を持ち出すんだったら、商品の説明をくだらなく語る前に、約款を読んで欲しい。(仮に読んでも小難しいとか字が小さいとかは、云いっこなし!プロなんだから。)

今回の記事はその約款にも書いていないのですが、と書かれたことに、せっかく業界全体の支援をしてる青がついに口火を切った格好。10年経つんだから成長しませんか?FP諸氏さん。。。

FPと云えば、FP社長は無事、ヒューストン乗換え(日本時間AM2時30分)でニューオリンズには、5時30分に到着。その後、バスにてホテルまで30分、ようやく現地へ6時頃に到着しましたぁーーー!と早速一報メール。15時間がかり、お疲れ様です。ジャズのメッカで一眠りされた頃から活動再開。運良く、ハービー・ハンコックさん等にお会いできればレポートでも頼みたいかなぁ。(^_^)v

FP社長カスタマイズのDellノートパソコン、いよいよ本領発揮。想定してのカスタマイズが役に立つことは何より嬉しいもの。現地でご自身の公式サイト上で運営され始めた掲示板を「サクッ」と更新してるんだから大したものだし、「プロ」である。

そんな「プロ」を目指されてるFP社長はじめ、今後目指し征くであろう方々に。青の心根を届けたい。

「一番苦労したヒトが、一番成長するし、ご自身の境涯を大きく開くことができるもの。これはビジネスに限らず生活一般でも同じこと。しかしながら、体験者だけがわかるはず、一切の無駄は無いことをネ!まさに、神髄そのものだ!」

Pocket