アナログチック、

地方出張やその他深夜帯までの業務がない場合、以前からの云っている通り、朝4時起床は続いている。(^^)v今朝等は、珍しく朝日新聞から読みはじめたのだが、青っちNET情報より1日半前の記事が紙面を飾る光景は、目を疑うのだった。(;゚゚)ワォー!

しかし、活字ながらの臨場感はやはり「活字紙面媒体」だ。朝の湯船には、次男、長男の順番で入って来ては、昨晩借りたばかりの絵本の感想を兄弟が語りングする姿は、頼もしくも映るのであった。

午前中、数社の情報整理。仲々良い感じ。蒸し暑さの中、どうも、皆が皆ノーネクタイ派なんで、敢えて今日は、フォーマルでの活動を試みた。

午後、西日暮里の某社へ訪問。前回訪問時の教訓を活かし、正面入り口から入館。本日は、社長と次世代のリーダー候補者さんも加わっての懇談となる。懇談回数が増える度に、社長さんの心根が整理されてく様子(プロセス)は、嬉しいエネルギーの源となる。

リーダー候補者さんとの懇談も、今後益々機会が増えることと。次回より90分を目安(笑)に致しますが、「やらまいか」の精神で参りましょう。っネ!

その後、一路、新宿へ。TAXとJRを駆使し、何とか約束の定番西口駅前に到着。

実は、相手企業様サイトと今BLOG(青っちの 『わ』)というNETでの「出会い」から、双方の理念の根幹部分でもある「アナログ」にこだわるところから、某社エグゼクティブの会員制クラブを運営されておられる社長さんとの初懇談。

今BLOGを、毎日お読み下さっておられる社長さま。お逢いする前からある意味「人格」等をお汲み取り頂いていると云うことは、「有意義性」の価値は高い。

戦略上ゆえ、詳細は現況時点では割愛するが、近い将来、社長独自が、今BLOGへ投稿していく可能性もあるので期待したい。(#^.^#)

限られた時間の中、久し振りに高レベルな懇談となり、周囲の雑音は、全然気にはならなかったのだが、もう少し落ち着いた場所を次回から考えたいものだ。

究極のサービスを提供して行く過程で、数点、青っち流のアドバイスを語らせて頂いたのだが、社長自身の姿勢が全く、邪な理念や思いなど微塵もないことが、初対面という垣根を一気に取り外しては、語りに語り合った、劇的(運命的)な「出逢い」となり、時間がアッという間に過ぎてしまう。(T^T)

「エグゼクティブ」、この言葉や活字に、一体どのようなイメージが存在するのだろう?究極のところ、「ココロこそ大切なれ」の根幹部分から逸脱するようであれば、やはりそこには、「お金が全て」の論理は通用しないだろう。

この一見当たり前でいて、難解な根幹部分であるが、本来あるべきスタイルでもあるのだと青っちは申し上げたい。

社長自身の直向きな(まるで、野に咲くタンポポのように)決意に、トータル的な支援要請に是非お応えしたいと痛感するのであった。

帰宅途中、来電が入りっぱなしとなり、最終電車とTAXを利用しながら家路に向かう。このブログは、TAXの中で記している。今夜の運転手さんは、ダンマリが苦手な様子で、ひとり唄いワンマンショー。ス・ゴ・イに尽きる。

っで、デジタル対応の強化と、各世代間の精神部分も含めたミゾを創る上では、「アナログとデジタルの共存」領域は、益々派生するだろう。

Pocket