子供等から^_^、

ゆっくりと帰宅。長期の留守であっただけに、チェックに掃除と管理人さんへの挨拶など一気に日が沈む。夕食時、恒例となっている「賀状閲覧会」を子供等と行いながらしばし談笑。途中、諸連絡を確認し合いたく所用。その間、子供等だけで何やら出掛ける。

白浜へ行ってる両親から、鮮度抜群な「カマ」が届く。事前に母が届けることに躊躇した(大きな子供が、美味しく料理できずに姿と臭いで判断したら父の真心が…)のだが、こっそりとレシピメモを入れてもらうことを頼んでいた。味噌汁までのフルコースを選ばずに、至ってシンプルな食べ方(そのまま焼いて、作った甘たれと山椒をふる)をメモ。

子供等は、白ご飯と実に相性がいいのか「おかわり!」の連呼。いやぁー、実に美味しいのなんの。魚好きな次男のピッチを制止、長男の猛ダッシュは凄まじい。(#^.^#)

父が見聞きしたら、「そんなものは、料理じゃない!」と一喝することだろう。っが、「まぁーまぁー」と、母がなだめながらお酒を酌み交わしてる様子が手に取るように感じてならない。(笑)

200601072033000200601072111000その後、長男が「一緒に食べたいものがある」と誘いに来る。卓にはささやかな誕生日ケーキが置かれていた。聴けば、お年玉を2人で合わせて買ったと。種類は長男が、メッセージは次男が決めたとのこと。「こういうのはタイミングが大事だから」と、ロウソク消しをためらうものの、「そう言わずそう言わず!」と澄んだ眼で云われたら余計に照れると言うもの。また、手作りスーパーボールを長男からいただく。

あらためて、「ありがとう!」。

200601072033001九州に行っていた際、「うわきってしないのぁー!」と次男が突然に言い始め、「そう言うこと云っちゃ駄目!」と義母が言い出す始末。引き下がらない次男は、大きな子供に挑むものの、完全ノーコメントを貫くもんだから、結局、行き着く果ては青っち。「うわき」でなく『※ほんき』って読むんだよと教えたりするもんだから、今彼の中では、「浮気」を『本気(ほんき)』とインプットされている。可愛いねまったく。※意味は深いですが当然割愛します。(^-^)/

夜半、ワン切り小悪魔が登場。幾分おいてメールが届く。過日の登場が嬉しかったと目下大阪の地に居るとか。少しは「落ち着こう」とは禁句だが、今度はじっくり堪能しようじゃないですか「梵天」を。っね、サングラス娘ヨ。(笑)

つい数日前に訪れては利用した「」が大ごとだ!数年単位で「何か」が起こるものだ。ニュースでは、レトロ調と呼んでいたが、門司港駅にその点は失礼かと。ともあれ、早い復旧回復を祈ってやまない。

Pocket