待ってましたヨ、

3学期が始まった。長男の机を見渡しながら感慨深く、国語の教科書に眼をやる。「読み」・「書き」がセットでなく、『読めたら』いい、と言う制度の弊害は、自ずとやってくるもんだ。宿題のひとつである、「書き初め」。悲しいかな、とにかく書けばOKというシロモノ。やはり手放しは良くない。

始業式終了後、親友T君と妹のAちゃん等が来宅。結構活躍してる、例の「野球盤」に皆夢中。そんなT君。昨年末、東証大納会への参加を、お父さんと代理出席した際、なにやらテレビ出演したようだ。

「将来の夢は?!」と、インタビュアーからの質問に。

「ホリエモンのようになりたい!」と、答え(させられた)たT君。ニュース上であれ、一番おいしかったようだ。(笑)

午後、女性起業を模索されてる方の相談に。何れの世界であれ、新しい「こと」をはじめるにあたり、援軍となるか雑音となるかという、周辺環境。ただ、「起点と終点」とを自身が決断出来うる醍醐味は、体験者のみ知り得るゾーン。賢い選択となるボタンが押せることに期待する。

そうそう、待望久しい番組が弥々はじまる。トップバッターは我等の「さとみちゃん」。(クローズド・セミナーに、参加された方々はこの興奮のルツボがリアリティに分かることでしょうが。^_^;)

tayutaiドラマ「N’sあおい」(フジ系:21時より)は、石原さとみちゃんが、熱血看護婦・美空あおいを演じるヒューマンドラマ。原作:こしのりょうさんの同名コミックだ。あおいが勤務することになった桜川病院は、売上重視で患者は二の次。それでもあおいは、持ち前の明るさから誠心誠意、患者の看護に当たる。その奮闘や成長過程を描く青春ドラマであるものの、医療現場の「現実」を、リアルに描く物語となっている。

っで、同僚医師・高樹役にはギバちゃんこと、柳葉敏郎さん。35才でDr1年目研修医・江藤役に、八嶋智人さん。(37才でっていう実在者は居ますが人間味溢れ、今もって尊敬している先輩です)。内科主任の田所役には、西村雅彦。総師長・泉田役に、片平なぎささんが、ふんする等、実力派俳優さんが、ガッチリと脇を固める。(^^)v

先の制作会見上、さとみちゃんは、点滴の方法など猛勉強したらしく、「細かい手の動きは緊張の連続です。しかも現場で学ばないと、なかなか覚えられないんです。でも、看護師は医者と患者さんをつなぐ唯一の懸け橋。大変さや辛さ、やり甲斐を感じながら演じています!」と。

更には、「社会人の役は今回が初めてで、新人の役なら一緒に成長すればいいけれど、あおいは3年目のナース。私も芸能界に入って3年目なので、心機一転臨んでいきます!」と語っていた。

石原さとみ写真集「たゆたい
  熊谷 貫 (写真) 価格:¥2,625 (税込)

石原さとみファースト写真集
  根本 好伸,熊谷 貫,原田 達夫 (写真)
  価格:¥2,100 (税込)

今後ますます、成長していく姿に、多大な共感と応援を!p(^^)q

Pocket