新事業のための視察、

2006034山間部の雪も今日ばかりは遠慮してくれたようで、雲ひとつない快晴に恵まれる。取引先として第三セクターを抱えながら、今後の農業について、気鋭な考えをもたれてる代表と奥さまとの会談日。

2006031高齢化や農産物の価格低迷等の岐路に立つ「農業の将来」について、議論するべく頭の中を整理整頓を行う。

2006032昨年10月に、農水省が「経営所得安定対策等大綱」を決定したことは周知の通り。下記は、大綱について関係する言語や指向性を絶好なチャンスにする術が収まっている。

経営所得安定対策等の具体化についての考え方[PDF]・経営所得安定対策等大綱に関するキーワード
  ・品目横断的経営安定対策
  ・米政策改革推進対策
  ・農地・水・環境保全向上対策
  ・品目横断的経営安定対策のポイント[PDF] などなど。

200603307年産から、これまで農産物を対象に行われた国の支援策が、『認定農業者』等の『担い手』への経営支援として行われるようになるだけに、全国各地の青年層が抱える悩みを実直に語られる。何れにせよ、担い手なる育成の重要性をあげておきたい。

新施策に向けた集落営農組織は、あまり時間をかけず、且つ十分に話し合って設立した方が堅固な体制になるんだと談笑!

Pocket