研修も大詰め、

どうしても本日は、『タイムマネジメント・プロセス』についての概要と初級・活用方法を講じたく、朝から体調面を何度かチェックする。2ヶ月前には、世間一般で用いられているマネジメントを先に自習されていただけに、風呂上がりの氷水を「グビッ!」っと、一気飲みする姿通り、即座に吸収される。(^_^)v

この「タイムマネジメント・プロセス」は、一切の机上論を排している関係から、通常の営業部門だけに留まらず、おおむね全ての部門や、学生さんに主婦の方等にも利用できる。現実・実践編なため、真新しい「スポンジ状態」の持ち主ですら、油断すると邪な考えが入り込んでくる。

早速、スタッフの一人から、近い将来この「タイムマネジメント・プロセス」のみのセミナーを開催したいと心強いご意見をいただく。素直に嬉しいものです。(#^.^#)

よく、「右脳領域」のお仕事ですよね、と尋ねられる。そう言う場合、即座に、「糠漬け」を事例にあげ答える。そういった時間は、格別な価値を堪能できるのでとても楽しい。

最終日を前に、ご利用させていただいたシステムとマシンのメンテを朝方まで心を込めて取り組ませていただく。感謝の思いがマシンにも伝わったのか、ことのほか万全の態勢に仕上げることができ、匠N氏もおそらく満点を付けてくれることだろう。(^_^)v

Pocket