真剣に、誠実に、

某社の抜本的改革を推進していくプロセス上、法務および会計の両面から活発なご意見がテーブルにのる。来週までがひとつの山だな。匠N氏が訪問されしばし懇談。DB戦略チームへ誘う。何故か今日は、それぞれ多数の会計士さん等から「ある金融商品」についての考えを求められる。詳細はいつも通り割愛だが、ひとつだけ!「所詮、マネーゲームまでのこと、本物を手にするまでは安穏はない」と語らせてもらう。しかし、何とも切なく茶番がかった会見及び対応に、現場は寒苦鳥そのものかなぁ?

Pocket