21世紀版白河の関、

21世紀版白河の関 犯罪者流入阻止へ検問所復活

福島県警は、休眠状態だった栃木県境の「白河検問所」(同県西郷村小田倉)を27日、復活させる。
東北地方に狙いを定め、関東方面から流入が増えている犯罪者に目を光らせるのが目的。
県警は古代の東北への関門「白河の関」になぞらえ、「犯罪を食い止める現代の関所にする」と
意気込んでいる。

21世紀の世に白河の関が復活です。五世紀ごろに関門が設けられていた
そうですから、千数百年間、要地として利用されることになるようです。
経験に基づく合理性、それが「先人の知恵」というものではないでしょうか。

Pocket