教訓を活かさねば、

虹の広場などでダウン寸前まで楽しむ次男とマー君。連日の快晴と冷風とのアンバランスが、子供等の体内時計をも微妙に狂わせ始めている。用心こそ肝要だね!今日は、大阪の両親にマダムKさん等が、最も奮闘した一日となる。本当にお疲れ様でした。<(_ _)>

スタッフAさんとスタッフBさんとが、時計の針をチラリ…チラリと見ていた。殺気だっているようにも見受けたのでジッと見守っていた。そうなんです。本日11時から、2007年版「アクションプランナー」が、イー・ウーマンサイトにて発売となることに対してのこと。 ̄|_|○

Aさんによれば、今回の07年度版は、見開き1週間ページをより見やすくし、従来英語のみだった「月名」に、数字表記を加えたり、該当週を分かりやすい表示となったこと。

更には、見開き1ヶ月のプロジェクト・アット・ア・グランスのページも改良され、祝日を日英併記で記載と、同ページに6ヶ月カレンダーまでもが追加されていてお勧めだとか!!

しかし、早い時期の「販売」だ。戦略的にはある種強かでもある。

国交省のまとめによれば、改正耐震改修促進法で都道府県に策定が義務付けられた耐震改修促進計画について、これまでに策定した都道府県は『ゼロ』で、本年12月までに策定予定しているところも22都道府県に過ぎないことが本日(31日)、国交省のまとめで判明。

来年3月までの策定予定を含めると、46都道府県に急増はするものの、国交省は今年1月下旬の同法施行後、半年から遅くとも1年以内の策定を指導してきており、策定を急ぐよう同日付で改めて通知している。

時に、司法書士新宿事務所が推進中な「マンション管理会社向け、滞納管理費等回収支援サービス」が、各地で大きな反響となっている。本当に必要としている『側』の「ニードプロセス」をきちんとキャッチしているからこそ支持される。住宅新報(8月1日号)にも掲載予定とか。中心者の心意気に共感をもつ。(^_^)v

カウントダウンとなった夜、子供等と一緒に「プッチンプリン」を美味しくいただく。慣れ親しんだ食事も、4合炊きでは追いつかない状況が確かな証明だ。(#^.^#)子供の順応力はさすがだネ。

深夜、埼玉県の市営プールにて女児が吸水口に吸い込まれる事件事故について話し合う。ニュースでは、吸水口は縦60センチ、横120センチの大きさで、プール北面の壁面に。2枚のアルミ格子がボルトで付けられていたが、直前に1枚が何らかの原因で外れ、監視員が注意を呼び掛けていたもの。

ようやく夏本番を前にしての痛ましい事件事故。女児のご冥福を祈るとともに、早急な原因解明を望みたい。

子供等が遭遇する場所は、予想を遥かに超えるもの。用心に用心を重ね、徹底した管理と迅速な『判断』決定が求められている。時代を象徴する事件事故を、真摯な態度で教訓せずしてどうするのだろう。併せて、ユーザー側の「学び活かす大切さ」が急務になっている。心していきたいものだ。

Pocket