怪獣公園にカブトムシ、

野球少年こと上階のH君。毎日元気よく階段での上り下りを続けている。次男にそっくりな短髪ルックは微笑ましい限り。そんなH君が早朝より、怪獣公園でカブトをGETした報告を長男が耳にし、午前中のプールは仮の姿で、大友人T君に妹のAちゃんと、大参加でイザ出陣。結果は書くまでもない。…OIL

っとその前に、青っちの同級生・マンジ君にそっくりで、幅広く俳優活動をされておられる、村田 雄浩さんが中江 里香さん(女優)と、この10月に結婚とのこと。俳優・ 村田 雄浩さんに好感を持っているものとし、心からお祝い申し上げます。<(_ _)>

過日、某企業の社長より吉報たる旨の連絡を受ける。ちょうど昨年の今時分、某社社長よりの紹介でお逢いしたのがきっかけだった。当時、地方へ手広く展開されていた住宅事業部。今では、地域及び参加団体社さまからも大変喜ばれているとのこと。(#^.^#)

真夏の暑さを忘れさせてくれた炒りたてのコーヒーを口にしながら、真摯に耳を傾けて下さった光景が想い出される。

消防法改正に伴い06年6月から、新築戸建て住宅に火災警報器の設置が義務づけられるのを素直に学び、メーカー各社が販売ルート確保に走り出す前から、複線ブランド化を目指す!もちろんテクニックに走らず。(^_^)v

各市場ニュースでは、

防災大手の能美防災社は、相手先ブランドによる生産(OEM)供給先を確保、ホーチキは家電量販店へ売り込む。建材商社の高島は外国メーカーと提携、自ら市場開拓に乗り出した。市場規模は今後、10倍以上に膨らむ見通し。競争激化が予想される。日経新聞05年8月9日付

各自治体が発表されている本年6月から新築住宅に火災警報機の設置が義務化され、警報機メーカーの売上が急増している。(#^.^#)

既築住宅に関しても11年までに義務化される予定で、各自治体の制度整備さえ進めば、今後一気に市場が膨れ上がる可能性がある。

今回対象となった新築住宅は、年間約120万戸。防災大手・能美防災は、4-6学期の住宅用警報機販売が約30万個と、既に昨年一年間の総売上10万個以上も上回り、通期では100万個超を見込み、まさに「何もないところに急に市場が生まれた(能美防災IRより)」格好。

業界最大手の松下電工では、昨年の5倍以上の販売を記録し、4-6学期の増収増益を牽引したことになる。

上記なる表面「のみ」を、見聞き且つ、取り組んだのであれば、吉報など生まれやしない。なぜなら大手システム会社が手ぐすね引いて練っているテーブルが存在するからで、ここでも逆手の発想が事業再生への扉を開くカギとなった。それにしても真っ赤かな部門を最後まで信頼し抜いた社長の心根に拍手喝采だ。

そう言うわけで、今年は大人数での参加となった本日、ホテルニューオータニで開催の「電子社会・電子行政戦略会議」へ参加。スタッフ等も大激戦なる抽選会を突破し、見事「キーノートトラックA」に。

竹中大臣の講演を期待していたスタッフ等であったが、急遽バトンを渡され登壇された、古屋 範子・衆院議員が、「少子化問題」等を上手く盛り込まれ分かりやすく話された。

日本ユニシスを中心としたJV企業が、「自治体向け文書管理システム」を活発に話されてことも大いに刺激的となる。何より、このモデル事例が江戸川区と言うからこちらもチカラが入る。区は、受動から自発的へ如何に変わっていけるかがキーワードだとする点は、民間も同じことだ。

最終時間では、スタッフの粘りが功を奏し、松田 岩夫・情報通信技術(IT) 担当大臣の、e-Japan戦略の後を受けて策定された「IT新改革戦略」を踏まえた講演を学ばせていただいた。

ともあれ、スタッフ等の視線とマイクロソフト社の気品溢れ、清楚漂うおねぇ様方との「Vs」は、語り草となるだろう。(大爆)

Pocket

怪獣公園にカブトムシ、” に対して1件のコメントがあります。

  1. 村田雄浩さん、中江里香さん。結婚おめでとう!

    「渡鬼」ドラマで共演中の村田雄浩さんと、中江里香さんが10月にご結婚されるそうです。歳の差カップルですね。

この投稿はコメントできません。