CASSHERN、

「紀里谷監督新人異例、興収20億円の勢い」との報道。

実写の日本映画としては、破格の成績といえるでしょう。公開直後の、映画評論家による批評は散々たるものであったことを考え合わせれば、「観客に支持された」映画といえるのではないかと。

ヒットの要因は様々でしょうが、新人監督が気負わず、それでいて守勢に入らず、自分の伝えたいメッセージを文字通り作品に「叩きつけた」姿勢が、観客に評価され、ある意味「口コミ」で広がったのでしょう。

「マスの評判がどうであれ、自分たちの気に入ったものを評価する。」口コミも一筋縄ではいかないようです。

Pocket