スタッフの学びディ、

あるアンケートの結果、

「…」のコラムは役に立ちますか?
役立つ「73.1%」 非常に役立つ「18.7%」

「…」のコラムを読んで店舗へ行ったことがありますか?
行った事がある「60.8%」 良く行く「11.9%」

恐るべし、「相模グループ」!

昨日と本日にわたり、スタッフ等が「BLOG」と「SEO」関連について学んできた中で、一番興奮した話題。(青っちは諸般の事情で別行動。(株)ライトアップ白石社長はじめ和田さん、今回もご招待下さり誠に有り難うございました。斎藤さんも講演されたと、エネルギッシュなお話しは健在の様子(#^.^#))

ライトアップ社単独主催のセミナーは実に3ヶ月ぶりの開催。

ライトアップ社が1番得意としている「BLOG」と、1番気になる「SEO」の2本立てメニュー。次回の開催日は、9月22日(金)です。自社の宣伝に固執せず、事実な数値と最善な結果は、最先端へのアプローチを常に「トライ&エラー」なる行動を真摯に取り組まれている姿勢ゆえのこと。BLOG SEOセミナー (9.22) ←の申込はこちらから


企業を活性化し、情報の価値を高める!Web2.0時代の情報活用「ビジネスブログ&エンタープライズサーチ』 in 泉ガーデン

さっそく、「相鉄Style」のホームページをチェックしてみました。

・発行する人は、社名でなく沿線住民
・発信する情報は、相鉄グループ業務情報に限定
・検索エンジンのキーワードでヒットするコラムを作成

ローカルでコアな情報に徹している!

『書く人も、読む人も口コミを見てる!』。
・プロのライターじゃなくて誰でも歓迎
・50日以内5本でコラム掲載
・タウンーライター募集中→採用者はパスネット五千円分プレゼント
・タウンライターは、常時60人以上(男女構成比率25.7%、74.3%)

『リスク管理=活性化』
(例)海老名 駅 をクリック
  海老名×××(キーワード)
  コラム カテゴリー 
  → SEO 順位高、結果個別に誘導。

『「相鉄Styleお年玉アンケート」の結果』 
「相鉄Style」のコラムは役に立ちますか?
    役立つ73.1%  非常に役立つ18.7%

「相鉄Style」のコラムを読んで店舗へ行ったことがありますか?
          行った事がある60.8% 良く行く11.9%

どこかに行く前に「相鉄Style」をチェックしますか?
          たまにチェックする61.0%   絶対にチェックする20.1%

ユーザ向けアンケートより、満足度=魅力のある町のサイト!
    → 店舗にいった72.7%
      相鉄Style チェック81.1%
      コラム確認91.8% 

広告効果
    →マンション…購入促進、契約増加
(リサーチ効果Webフォームアンケートから、タウンライターに意見を聴くことで好感度アップへとつながっている)

上記アンケート結果を緻密に分析し、活用の幅を広げられている、相模鉄道株式会社 グループ経営戦略室 新規事業・情報企画担当 木曽英貴氏のお話しは貴重であり、無料セミナーとしては考えられないサプライズ!

また、シックス・アパート株式会社 代表取締役 関 信浩氏が、「ビジネスブログの現状と動向について」、『ブログへの取り組み 企業7分類』を明確に話されている。また、「歴史」について、示唆に富む話題を提供された。

なぜブログ?なのかについては、「新しいかたちを見出し、ブログは、隣の人と話すようなこと」だと言及。

社内ブログで、様々なニーズ(例えば、社内の個人を深める(個人の中身が分かる、どんな人なのかな?等々)ことや、なかなか会えない人との情報(喫煙室での話題等、机の隣近所以外の人との交流が持てる楽しさを実益において、「プロジェクトで伴ったコツや知識ベース」等)を得られるというもの。

同社、担当ディレクター 松下康之氏は、「企業向けブログ構築ツール」について、Movable Type Enterpriseを交えて、カシオ計算、日本オラクル(テーマを決めて書く→交換日記)、日本総研(記録用として活用)等の活用事例社を出され、スタッフ等も理解できたようだ。

デジパ株式会社 代表取締役 桐谷晃司氏は、「ブログで実現する新たなマーケティング手法と企業成長とは」を、自社のサービス指針である、「方向性」について言及。自分自身の旅(個人パーソナル的話題をブログに載せる)は、「会社と個人とのギャップ」を楽しめるとし、報告を受けた際興味を持った。

・ブログは日記だけではなく、ビジネスへ如何に活用させていくか!

・分かるブログ「2つのポイント」
 ・誰でも、いつでも、どこでも
 ・つながる、広がる

・企業ウェブは、「パンフレット」→「メディア」へ
・Web2.0→第一期から第二期に入った。
・検索エンジンの進化=メディア化するサイトは勝ち残る。
・伝える物は「物語」
 人の記録は論理ではなくストーリー(軟らかく、ヒューマン的に…)
 例えるなら、伊勢丹の広告は物語になっている。←ここ要チェック

この日のポイントは以下の通りと報告を受けた。
 ・つながって、広がっていく!
 ・情報はだせばだすほど貰える!
 ・社内の知的財産重視!

難解コースを挑んだ意図が少しずつ解明されつつある。よく頑張ってます。(^_^)v

Pocket