課題と対策に思考力、

本日は、「内部統制に求められるITの課題と対策」in六本木アカデミーヒルズおよび、「第11回公会計改革会議2006」in大手町日経ホールへのご参加お疲れ様でした。<(_ _)>

さながら、言葉が先行しがちな「内部統制」。このトピックに対し、今回のセッションを踏まえ、内部統制なかんずく、ITにおける思考を深めるとともに、近年の情報セキュリティに必要な不可欠な対策を伺うことが出来たことは大いなる収穫であった。

また、この時期に、片山 虎之助・参議院議員(参議院自由民主党幹事長)のお話を間近で聴け、スタッフAさんはメモ魔となり一気にページを活字が駆けた。

三位一体改革の推進・市町村合併の拡大等、地方分権をめぐる動きが、今後ますます活発になる中、この流れにおいて、自治体のアカウンタビリティー向上と、効率的な行政運営実現のためには、客観的な財務情報の開示は欠かすことが出来ない。

今回のシンポジウムのテーマでもある、「自治体経営と公会計改革」は、とてもタイムリー且つ実益に落とし込める貴重な機会をいただいた。(^_^)v

Pocket