対話力の真意、

最近、次男の会話には注視している。以前にも記したことだが、彼の会話には、全くと云っても過言でないほど、「主観」が入らず、青っちポリシーにあげている、「見て」「聴いて」「感じて」「思ったこと」を、「事実」ありのまま、自分の言葉で語る術を、いつの間にか身につけているから正直驚く昨今だ。

ここ数日、『対話・塾』を開催。無事故且つ、参加された方々は、とても貴重な体験を目の当たりにした。

「コミュニケーション」と、敢えて使わず、シンプルに『対話』としているものだが、「言葉」ひとつで、宝剣にもなれば、劇薬にもなりえることを、今回は徹して学んでいただいた。

「聴く」チカラがとても大切云々。これらは、ものの本や著名人さん等が多くの場で話されていること。

だが、本来もっと深掘りしなければ、大切と言っても「何」が、「どう?」大切なのか、理解できなかったと、今回の参加者さん一同、開講時間はじめ、口々にされた要点でもあった。

「相手」が「今」どんな状況で、「何を聞きたいのか」。また、「何が立場的に、云えないのか」「双方の共有出来る事由についての理解できる方なのか」…。。。挙げればかなりのチェック項目になる。

上記のチェック事項を、如何にこちらが「瞬時に把握」できるかに尽きるという肝が潜んでいる。

相手の立場や目線で…など、まだまだそんなステージではない。さらに、聴くチカラを養うためにと、どんなに知識を詰め込んでも、活用できずに終わる。

あらぁま!

これ、どっかの場面に良く似てますね。

ここのところ毎日のように、DMメールや、メールマガジンの広告欄に、「ある業界の大御所が遂にそのベールを脱いだ。個人相手の営業ほど「ナンセンス」なものはなく、見事なまでにスゴイ結果を出すならば、「法人」契約をせずしてどうするのか…、、、(呆れて今まで書けませんでした) OIL

なになに、発行部数を誇る著名な方までもが、法人営業について、うんちく乱れ文字を展開されてもいた。かなり悲しかった、正直に。

これまでも、かなりの方々から上記関連について、コメントを寄せられては、意見を求められていた。

今日は、満を持して綴ったのには、明らかに「知らない世界」(その業界の大御所さんという方ですら)のことを発信され、そのセールスレターや、なんちゃってブランド人に肩をたたかれる姿を見るにつけ、ちょいとばかり進言したくなりました。

「まだ、続けるんですね!」

「大枚(高額セミナー)はたいた結果が、て・い・ぞ・う…」ですか。

先程まで、別の勉強会に参加されてた方は、今でも同じテーブルが用意されてもされなくても、「し・ゅ・う・し・ん」で、きちんと法人さまと仲睦まじくご契約されてます。

何も、全否定などしません!

個人は面倒くさい!と、本音で思わせる「心根」と、それに乗っかる方々の末路をあまりにも目にしたくないからです。(キッパリ)

きちんと「個人」の世界で『結果』を出し続けられている方も居られます。(ニヤリ)

企業の社長さんも、お家に戻れば「パパ」なんですから。この方程式を誰が好き好んで喋るのかと。もっと云えば、本気で法人営業を行いたいと希望される方に一言。

寡黙に日々の業務を淡々と熟し、一切メディア関連や公の場などには姿を見せず、年間を通じ、楽しみながら「取扱報告書」を記入している方々が存在ぐらいは「知る」べきです。

右記の「知的人」さんでもある、川島社長の公式サイト。ご自身の写真を照れながらも更新されてます。美人という言葉は使う必要性もないはずです。何より「自信に満ち溢れた満面な笑み」は、顧客(また、これから出会うであろう方々に対しても)の皆様に、ご挨拶されているように感じます。

今の、私がここに立って居られるのは、ひとえに皆々様との出逢いを通じ、支援ならびに叱咤激励されながら、日々学ばせていただいている賜物です!と。

「聞こえてきますよね

今回の「高額セミナー」で、登壇される大御所さんとは知り合いですので下種の勘繰りは不必要です。(笑)大御所さんは、ここのところメディアや基調講演にセミナーと大忙しの様子。共々に健康には気を付けていかねばと思うこの頃です。(^_^)v

話しを戻せば、

法人であれ個人であれ、「対話」は必須のこと。

この「対話」のチカラを備え、使い熟していかなければもう一段上のステージには上がれず、以前から記して重複することですが、アマチュア→プロで終わりでなく、そのプロから→『本職』というステージで活躍できるようにならなければ、業種業態に関係なく、皆、共通して云えるのですから。

ともあれ、最終日の本日、ご参加いただきました方々に心から御礼申し上げます。また次回日程が決まりましたらお知らせいたします。

Pocket