「藍」を学ぶ、

安倍新政権発足。夜、首相官邸で、就任後初の記者会見を長男と見入る。歳出削減に取り組む為、総裁自らの給与を30%、各閣僚の給与を10%カットすると表明。賛否は世の常。しかし、長男の目には、「分かりやすく伝えよう」との心意気は確かに感じたようだ。(地元の打ち上げ花火には、違う意味で見入っちゃった) (#^.^#)

B00007hs98深夜帯のニュースでは、大旨「功名が辻」なるフレーズが躍り出ている。本家の功名が辻では、いよいよ「前田利家(利家とまつ(2002年放映・第41作NHK大河ドラマ)で好演された、唐沢寿明さんが同役で出演!)」が登場。10月1日放送の「秀吉死す」は、大いに期待する回でもある。



青きことは

藍より出でたれども

かさぬれば

藍よりも色まさる



…青い洋服、

その昔、青い色を「藍」という葉でつけていた。「藍」の葉をすりつぶして絞り、その液の中に布を入れてしみこませて染めていく。

そうすると、

不思議なぐらい、それを繰り返すことで、布は、元の藍の色よりも濃くなり、鮮やかな色になる!

キーワードは、「何度も何度も液に入れること」

即ち、「重ねていく」という意となる。

日常の生活やビジネスも、みんな同じ。

成長しているヒトは、実は、何回も何回も決意をしているヒトでもある。

「決意」と云えば、立派な決意を1回やれば、それでお終いって思うヒトもいる。

そうじゃないんだよね。

何度も何度も決意するんだよね!

そして、決意する度に、自分のココロが深く深くなっていくんだよね。

この「藍染めの話」は、古くから色んなところで使われている。

その話しの中には、「後を継ぐヒト」は、もともとの先輩よりも、必ず、立派になって欲しいという意味もあることは有名な話しだ。

今居る場所で、自らが気付かないくらい沢山の可能性が、ワンサカ自身の中にあるはず。

だから、これだけは、「自分は、このことは頑張ったゾ!負けないゾ!」と、いう挑むことを重ね続けてほしい。(^_^)v

Pocket