比較評価事業、

今日は、「医業」について某社からの相談を受ける。既に某大手コンサル会社へ「比較評価(今回の比較評価とは、東京都が、直接事業を実施する場合と、PFI事業として実施する場合とを比較評価した事案)」依頼済みだったことから、この点について話しをすすめた。

っと、その前に、今日(9日)から11月30日まで(応募シールがなくなり次第終了!)「進化の品」プレゼントキャンペーン」を伊藤園が展開。全国のコンビニで「お~いお茶熟成あまみ」を買うと、抽選で3,000名ニンテンドーDS Liteやウォークマン等が当たるようです。大きな子供は、何気に狙ってます。(笑・笑)

参考までに、

※「東京都の医療施設-平成16年医療施設(動態)調査・病院報告の結果から-」

※「特定事業(がん・感染症医療センター(仮称)整備運営事業)の選定について

※「地域金融の活用」と「資金管理(医療経営人材育成事業ワーキンググループ作成)」

※「地域福祉の推進を基調とした障害保健福祉施策の新たな展開について-第四期東京都障害者施策推進協議会-中間のまとめ」

※「東京における直下地震の被害想定に関する調査報告書-平成9年8月」

※「医療救護所とトリアージ

また、後方医療施設として、東京都は、都内にある医療機関のうち、「東京都災害拠点病院」として『61箇所』を指定している。(東京都災害拠点病院であることを、受付等に標榜できるようになる)

※「東京都災害拠点病院一覧」、「東京都災害拠点病院設置運営網

BCP策定企業の領域も含むので、エネルギッシュになる。(^_^)v

BCP思考からの医院経営や、新規参入分野や既存事業のテコ入れなどは、不思議と智慧が出るものだ。

時に、今日は「日経の号外」が出たほどの『北朝鮮核実験』。核使用は、「魔物でありサタンである」と喝破された桂冠詩人の師匠。直視して何事においても取り組んでいかなければならない。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です