都と次世代マーケット、

200610111「来年の肥やしにするんだ!」と、稲刈り作業後、通路に落ちた稲を丁寧に拾いながら、先程まで居た田んぼへ返した子供等。「順番に稲を束ね、収穫量を計算するため、1株の本数と1本の『穂』の米粒の数を数えたんだ!」。

流暢なコナン節で話す長男に、「見てみてこれ!きれいだよね!!」と、負けじと次男がはやしたてる。(笑)

「稲穂」を同じように持ち帰った子供さん等が、お茶の間で繰り広げる話題に傾聴されるはず。

約2週間後、校庭で乾燥させ、籾すり・脱穀・精米という流れの作業が楽しくまっている。この日はまた、賑やかな話題を笑顔いっぱいに持ち帰ってくることだろう。(#^.^#)

さて、

本日、午前11時に、優衣ちゃんママを先頭に、都庁の「とある5階」まで表敬訪問。

約束された「30分」の中で、会談したお二人の都議。(内容は省略)その後、3度の横やりもなんのその。(国土整備局さん、スミマセンでした!)

弊社が取り組むモデルを「何かのカタチに」と仰っていただく。まずは、「都」としてのモデル化を推進するべく尽力あるのみ。

その後、別行動になる。

優衣ちゃんママと合流した大きな子供は、大江戸線の大門駅経由で、東京産業貿易センター浜松町館まで移動。「ロングテール広告×携帯SNS」で攻略する次世代インターネット」のセミナーに参加。

昨夜遅く、今回の主催会社でもある、ハルデザインコンサルティング株式会社 米司 隆明氏とお話しできたことも手伝い、いつ誕生したか凸凹コンビの2人は嬉々と学習したようだ。

ビジネスパートナーでもある、吉田 学@資金調達専門家さんも、同席とあって、大きな子供の胸中はどこへやら♪(しっかりと、優衣ちゃんママから、報告を受けてますので、そこのところ、ヨロシク)

今セミナーの総評は、ある意味において意見が分かれることだろう。如何せん、「携帯SNS」が次世代の「雄」になるかはこれからだ。

但し、ここでも、「算数領域」=ロングテール理論に始まり、Web1.0と2.0の立ち位置・取り位置、SEM市場などの事前学習は必須であることは書くまでもない。

そこから、弊社が最も得意とする「国語領域」=定性分析(BCP思考ビジネス)を併せる考えを取り入れるところに、次世代マーケットが存在する。ここの肝を押さえていなければ、小松の親分さん?となる意味が、分からずに駄々っ子になられても仕方がない。(キッパリ)

下記は、本日、大きな子供がお名刺交換しては、貴重なお話しを交わし、当該BLOGに紹介しても「イイです!」と許可をいただいた方々です。(G-style代表プロデューサー・佐藤さんをはじめ、皆さまとお会いできる日を楽しみにしております。)

・佐藤 まさみ さま@G-style

・坂橋 晃司  さま@株式会社 IT DeSign

・中島 厚志  さま@株式会社インフォプラザ

・山田 明子  さま@e-学び舎本舗

・伊藤 みか  さま@モチベーションセラピスト

人と人との出会いは、仕事や人生において、最も大きな意味を持つものであると確信致しております。

弊社スタッフ共々、今日を機に「意味と価値ある」末永いお付き合いを、お願い申し上げます。(米司さん、真心に感謝。<(_ _)>)

PS、
事業承継将来像検討委員会・中間報告」のお披露目ですね!

昨年10月、中小企業庁は「事業承継協議会」を設立。中小企業の事業承継円滑化に向けた総合的検討を開始した。

そのプロセスで今年6月、事業承継協議会に設置された、事業承継ガイドライン、事業承継関連相続法制、事業承継関連会社法制等々の各検討委員会において、ガイドラインおよび中間報告が、本日(10月11日)策定・公表されたことに伴い、既に数社からの相談依頼を受ける。

PS2、
456937011x今年に入って、出会う企業の経営層にある共通な出来事を発見する。皆さんは、PHP研究所・「CD 松下幸之助 経営百話(直話集)」を社内・外(とりわけ週末などを時間と場所を上手く利用され)で、繰り返しよく聞かれ学び続けている「姿勢」だ。青っちもその昔より、学んでおりますが、とても分かりやすいですヨ。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です