倖田來未さんとモテモテさんからの比例系、

200610112まぁー!ここは「寺子屋」か。誰に言われたワケでなく、集い合った内々で、「まずは、宿題と今日やるべきことを行う」化ルールが徹底されている。けれど均衡が破れる場合も多い。そんな時ほど、微笑んで見つめている。「…やろう、ヨ!」、決まって誰かが言い放つ。終了後は、無論別人となるのだが何と言っても子供等の笑顔は、カワイイもんだ。(#^.^#)

今日は、携帯にとてもシャイで世代を超え?モテモテな、某コンサルタントから連絡をいただく。

何やら、セミナー講師として登壇し、目下休憩中らしく、いつになく「らしい早口」からも、切迫感が漂っていた。

「昨日国際フォーラムで倖田來未さんが、ライブされたでしょ、」

「「…それが…」」

「知ってました?ブラが外れて、それが凄いのなんの、」

「「…」」

「もしもし、」

「「…それが…」」(2回目)

「いやぁー、だから、外れて!っあ、」

「「モテモテさんも変わらずだ!用件は『ブラ』じゃないっしょ」」

「ゲストに香取慎吾くんが、登場したじゃないですか!」

「「…それが…」」(3回目)

「「会場なんかに行ってないのに、よくも、まぁ OIL…」」

「…」

「「そろそろ、本題に入らないとセミナーを続けてるんでしょ、」」

「ハ・イ!」

「今回のライブで、倖田來未さん自身が考案した演出もあったりとかで、万が一に備え『三億円の生命保険』に加入された件、です。」

「「…質問あって、どう答えたんです?」」

「だ・か・ら、電話したんじゃないですか!」

「「プロだし本職さんでしょ!バチィーッと答えんと、ね。」」

※質問された方が、一般の素人さんではなく、桁違いな収入を計上されてる立派な法人格ということもあり、ちょっとだけ、付き合うことにした。(ほんのちょっぴり、笑)

質問の「本意」を確認できた上で、幾つかの「こたえと質問返し」を、モテモテさんに伝え一旦電話を切った。

録画してた、予算委員会を見つめながら、安倍首相が道交法の厳罰化方針を示されていた。「対北朝鮮決議」についても、また、経産省からの北朝鮮に対する制裁措置に係る中小企業者対策についても注視しながら、知人と話しを進めていた。

※「対北朝鮮輸入禁止等に伴う当面の緊急対策について
※「中小企業者向け特別相談窓口のご案内

(日中に電話してた件等、もののみごとに忘れていた。と言っても別段問題ないのだが)

夕方、モテモテさんから連絡が入る。結構意地悪な質問をされた法人さんに、モテモテさんが返した「こたえ」から、セミナー終了後、懇意にしている『料亭』に招かれ、これからカラオケだとか。 OIL

色んな出逢い方があるもんです。モテモテさんが、楽しめば楽しむほど、比例して青っちは嬉しいです、ネ。(^_^)v

そうそう、今夜の中居正広のキンスマに、武田久美子さんが出演されてました。ゴクミさんと同じ久美子系ですが、ワクワクしたわりに、猫ひろしさんと長州小力さんの波瀾万丈編の方がコミットしたかな。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です