孝行姉妹っ子、

「由比ヶ浜に行ってみようと思うんです!」。先日の記事を携帯で読まれた方から連絡をいただく。告知-完治-経過観察と順調に月日が過ぎていた。通常は、5、6年のスパンで判断できるのだが、予期せぬ悪化から、専門医の診察のため、親御さんを連れてきていた姉妹。気分転換を兼ねる意味からの連絡。とても有り難く且つ、光栄でもある。この時間帯には葉山までお戻りのことかと、ゆっくりと心身の疲れ癒やされて下さい。<(_ _)>

以前から、当該BLOGを「携帯」から、読まれる方が多いことは紹介してきた。PC上から訪問し読まれる方と、携帯画面(活字のみ)で読まれる方と決定的に違う点がある。

「記憶」。

そう、きちんと「文字」や「行間」から、読み得れる『キー』を、きちんと記憶されていることは、お会いしたり、お便りなどをいただくと直ぐに分かります。

また、PCから訪問しては、良識ある賢人さん等がお読み下さってる中、最近これまたとても嬉しいお便りをいただきました。株式会社アイケンの取締役さまより、各スタッフそれぞれに綴られた内容を。

さぞや、この「育児は育自の社長日記」を、真摯に「文字」や「行間」から、読み得れる『キー』を把握されてのこと。

BLOGへの掲載許可を得てない関係で、詳細は書けませんがとても聡明でおられ、何より読んでいて「気持ちのイイ!」お便りなんです。

青っちにすれば、「きんざい」から取得されたその心意気と、ビジネスの琴線たる感性が抜群であることへ、あらためて敬意を表します。(過日、優衣ちゃんママが、御礼を含めご挨拶をと申しておりました。)

河野取締役!これからの「コミット」を存分に楽しめる一歩に感謝いたします。(#^.^#)

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です