拉致被害者家族帰国、

「再訪朝の意義を首相強調 不明者「先送りではない」 と報道。

正直なところ、先送り感は拭えませんが、国家犯罪の被害者家族が奪還されたという点においては、評価できるのかもしれません。今回の経済援助も、もともとは「列車爆破事故」等に関連して拠出するはずのものであったと聞き及んでおりますし。

拉致被害者を無視しつづけた今までの自民党や、拉致問題そのものが捏造である、とした政党に比べれば、大きな成果と言えます。

が、しかし、拉致問題は完全解決以外に「解決」とは言えません。拉致問題に関しては、これからも「国民運動」として、世論を盛りたてていくべきではないでしょうか。

Pocket